2009年12月27日日曜日

そばアレルギー

久しぶりの職員旅行が終わり、今回の行き先は伊勢ということで「赤福」と、「伊勢の夫婦岩」というお菓子と、伊勢茶の抹茶と茶筅(これまで使ってたのがどこかへ行ってしまったので)をおみやげに、帰って来ました。

この夫婦岩ってお菓子、旅館(鳥羽シーサイドホテル)の部屋に入った時サービスで出されていたんだけど、特にこういう和菓子っぽいものは原材料に 「そば粉」が使われていないことを確認しないと食べられないので手をつけられなかったんですね。今朝売店で箱の表記を見たらそば粉は入っていなかったの で、買ってみたわけです。

菓子メーカーの方へお願い。外箱だけでなく個包装の包み紙にも原料を表記してください。バラして出されると食べられないので(知らずにそば粉入りのを食べてしまうとそれで旅行がパーですから)。

食事でもちょっと緊張します。見慣れない料理なんかあると特に、料理人が気を利かせてそば粉なんか使ってないだろうか?なんて心配してしまうんで すね。個人旅行の場合は先に言っておけるけど、団体では難しいです。せめてお品書きみたいな感じで、料理に使われている材料が全部書かれた紙がお膳に乗っ ていれば、と思うんですが。

和風の温泉旅館やホテルって、まさかこの世に「そば」を食べられない人間がいるなんて考えてもいないというような雰囲気を感じますねぇ。そばに限 らずですが、アレルギーの有無について一言聞かれたら、安心できるのにね。これが、個人旅行でも西洋式のホテルを選ぶ大きな理由だったりします。

0 件のコメント:

コメントを投稿