2009年12月8日火曜日

Compliance, Accountability

Millions in U.S. Drink Dirty Water, Records Show
コンプライアンス、アカウンタビリティ...というと日本でも一々「法令遵守」「説明責任」と訳さなくてもカタカナ表記のままで通用するビジネス用語になっています。ところが、その先進国と思っていたアメリカで、コンプライアンスもアカウンタビリティーもなっちゃいないじゃないか!という記事。
なんとアメリカ国民の20%を越える数百万の人々が、ヒ素、放射性物質その他の発がん性物質や細菌で汚染された水道水によって健康被害のかなり高い危険にさらされているとのこと。飲料水の安全性を守る法律がそこらじゅうで破られているということらしく、そういう状態の改善についても悲観的な感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿