2009年12月12日土曜日

Predator

U.S.: Senior al Qaeda planner likely killed
アーノルド・シュワルツェネッガーが出演した映画に出て来た宇宙人...の方じゃなくて、アメリカの武装型無人偵察機。映画が先で、見えない敵っていうことでこの兵器にもこの名前がつけられたんだろうなと思ってますが。
この記事自体はアルカイダの要人がアメリカの攻撃によって殺害された(らしい)という内容です。毎日淡々と戦争は続いていて、戦争っていうのは人を殺す事だという事実を思いださせてくれます。この記事の最後に、この攻撃が unmanned drone(無人機)によって為されたと書いてあったので、TVのDiscovery Channelの兵器に関する番組で何回か見ていたプレデターのこと事をすぐ思い出しました。
無人機なのでミサイル発射の操作は遠く離れた場所...どこかの米軍基地か、アメリカ本土か、で行われているんでしょうね。奇妙な戦争という感じがします。
ところでこの攻撃が行われた場所はパキスタン。おそらく山岳地帯なんだろうなと思うと、昔登山のために行って現地の人々にもいろいろお世話になったパキスタン北部の山岳地帯の様子が、どうなっているんだろうと心配になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿