2010年2月27日土曜日

NIMBY

A Bus System Reopens Rifts in South Africa
http://www.nytimes.com/2010/02/22/world/africa/22bus.html?hp
南アフリカ Soweto での話。
今ちょうど南アフリカの The Soweto Gospel Choirというクワイヤのアルバムに入っている曲を練習中です。サッカーのワールドカップで南アフリカが注目されているということも理由のひとつです。
Soweto(ソウェト)はSouth Western Townshipsの略。ヨハネスブルグ南西にある元黒人居住地区で、悪名高いアパルトヘイトの遺産。そのため今も様々な問題を抱えていて、"So Where To"(それで、どこへ?)と言われているのだとか。
この記事もワールドカップをにらんで、負の遺産を取り除こうという国家的な試みと、それが直面している困難について書いてあります。
Sowetoに住み、ヨハネスブルグ郊外の白人富裕階級の家で家事や子守りをしている多くの黒人女性達は早朝5時ごろから長時間かけて通勤しなければなりません。ミニバンの乗り合いタクシーを利用するのですが、すし詰めで、運賃も高くてただでさえ少ない給料がそれに消えてしまいます。
政府はワールドカップに備えてこうした交通事情を改善するために、道路の2車線を専用レーンにしてスムーズにバスを走らせる新公共交通システムを導入しようとしているのですが、大きな抵抗を受けて計画通りの実現が危ぶまれているらしいのです。
抵抗勢力のひとつが従来のミニバンタクシー業者。縄張りを巡って殺し合いまでするというからなかなか危ない感じです。もうひとつ絶対反対を叫ぶ勢力が、高級住宅街の住人達で、そんなバスが通ると地価が下がるんだとか。
そこで出てきたのが "not-in-my-backyard" という言葉で、頭文字をとってNIMBY(ニンビー)というそうです。「その必要性は認めるけど、うちのそばは嫌だよ」という意味で...Sowetoの場合は、根強い人種差別意識も感じさせます。
廃棄物処理場や食肉工場、精神病院、葬儀場、それに軍事基地などがニンビー施設の例としてあげられます。
わが福井県にも巨大ニンビー施設、原子力発電所があります。それが、予定の耐用年数過ぎても引っ張る引っ張る。住民を巻き込んでの耐用試験といった趣になっています。

2010年2月22日月曜日

ゴスペル

先週の金曜日に仲のいい職場の仲間3人で飲みに行った時、
歌が好きでジャズボーカルのレッスンにも通っているYさんが「ゴスペルは歌詞がダメで歌えない」と言っていました。Godという言葉が言えないと。正しい意見だと思います。ゴスペルは特定の宗教のための音楽だから。

ゴスペルって何?と聞かれたら「イエス・キリストを賛美する歌」と答えます。音楽のスタイルがどうであれ、内容がそうであれば(実際にあるけど)演歌のゴスペルだって成立するわけで、逆にブラックゴスペル風の外見でも中身が違えばゴスペルではないでしょう。

ところで、僕が以前入っていた大きなゴスペル団体は「宗教に関係なく」歌うことをセールスポイントにし、GodやJesusというところは自分が 愛する人達を想って歌えばいいんだと教えていました。そのように歌われる限りAmazing Graceだってゴスペルとは言えないかもしれません。

ただ本人がどう思っていようと、その歌詞を聴く人達に伝わるのは神やイエスをほめたたえるメッセージなので、より多くの人にGood News(福音)を伝えるという点では、おおいに意味がありそうです。それでもいいんじゃないかな。うまい人達が歌ってくれたほうが^^;)。

2010年2月14日日曜日

鹿のように

ゴスペルの練習に、隔週日曜日にブンキョー・ゴスペル・センターという教会に通っています。今日の練習のあとコーヒーを飲んでいたら、As the deer panteth for the water...という歌が聞こえて来ました。僕の好きな賛美歌「鹿のように」です。

知ったのは、数年前ドニー・マクラーキンがコンサートで歌ったのを聞いた時かな。昨年ドニーのワークショップに参加した際にも歌い、シンプルで印象的なメロディーに引かれました。

昔ロッククライミングをやっていたころの、難しい岩壁を登りきり、カラカラになって山の反対側の林の中を降り、やっとたどり着いた水場でかすかな水音を聞いた時の何とも言えない安心感や、小さな流れから水をすくって飲んだ時の感動、そのまわりの緑に覆われた風景...を思い出すからかなと思ったりします。

大きな岩壁のクライミングは一日では終わらず、壁の途中にぶら下がるようにビバークして登ったりします。垂直の世界というのはずっと緊張を強いられているんでしょうね、岩壁を抜けて湿原風の平らな場所に降りて来た時、地面が水平なことに...水平な世界のやさしさというか絶対的な安心感に激しく感動したことがあります。それも緑と水のある場所でした。

きれいな水がそこにあるかどうか、というのは自分にはどうしようもないことで、祈るしか無い...そんなことを感じたりします。

ちなみに、山の中でシカ...日本カモシカに出くわしたことがありますが、至近距離で見つめ合うと、なかなか怖いです(^^;)

-----------------------------------------------------------------

鹿のように

谷川の流れを慕う鹿のように
主よ わが魂 あなたを慕う
あなたこそ わが盾 あなたこそ わが力
あなたこそ わが望み われは主を仰ぐ

As The Deer

As the deer panteth for the water
So my soul longeth after Thee
You alone are my heart's desire
And I long to worship Thee

You alone are my strength my shield
To You alone may my spirit yield
You alone are my heart's desire
And I long to worship Thee

2010年2月10日水曜日

餃子

ちょっと現実逃避して…

さきほど9時過ぎに出張から帰って来たのですが、妻も夜勤でいないし、なんだか疲れて食事を作る気にもならなかったので、ちょっと出かけてラーメン屋さんに行ってきました。

餃子が好きなので、だいたいどこでも頼むんですが…ただ、店で食べる餃子っておいしいと思わないんですね。具がペーストみたいに細かくなってて食感ゼロだったり、いろいろ混ぜてるからか、香りもね、良くないし。

今は、家で妻が作ってくれる、ニラと豚肉だけのシンプルな餃子が一番おいしいです。以前は焼いていたんだけど、数年前からは水餃子になりました。もともとは、その方が楽だという妻の都合ですが、僕もこっちの方が好きになりました。

外食の餃子がなかなか気に入らないのは、僕の餃子の原風景が、おばあちゃんの餃子、だからかな。

僕が大学生のころに他界した祖母は、祖父の仕事の関係で長く満州(中国)にいて第二次大戦直後の混乱の中、福井に引き揚げて来た人です。僕が幼稚園のころから高校の途中まで、一緒に暮らしていた頃に、年に何回か本場仕込みの餃子を作ってくれました。

その日は市内にいる親戚を呼び集め、祖母が皮も具も手作りで数百個の餃子を作ってせっせと焼き、みんなでひたすら食べまくるという…ちょっとしたパーティーというか行事ですね。子供も包むのを手伝ったりして。

特別な肉とか高価な材料を使うわけではないんだけれど、包丁で刻んだ具のしっかりした食感と香りがね、脳のどっかに焼き付いてるんだろうなぁ。

2010年2月8日月曜日

すごい人

今朝起きた時、珍しく二日酔い気味でした。

昨日が、福井の老舗パブのマスターが長年やっているカクテル教室の今期の修了日、ということで修了式と懇親会があり、僕も6年くらい前のOBとしてお招きにあずかったというわけです。20代〜70代、職業も様々という面白い集まりです。

その懇親会の後、顔なじみのメンバーと別のバーに移って飲んだカクテルやモルトが少々残ったみたいです。昨日はウイスキーな気分で、マンハッタンとゴッドファーザー、それから他のメンバーが飲んでいたアイラモルトを少々。

メンバーの中に、同じ年で誕生日が1日ちがいのHさん(男性)がいます。
音響メーカーのエンジニアで、マイク作りのプロ。日本中のカラオケで使われているマイク、それから首相官邸で使われているマイクも彼が設計したものだとか。

カクテルはもちろんですが、趣味のケーキ作りもプロ並みで、それだけで充分すごいと思っていたんだけど…空を飛ぶのが好きで、ハングライダー、セ スナの操縦と来て、今は自宅にフライトシミュレーターを構築中なんだとか。これは昨日初めて聞いて、すごい!とまた思いました。さすがエンジニアの趣味と いうか。。

そのHさん、配置転換で設計から法務の部署に変わって、今は日本語、英語、イタリア語、フランス語、ドイツ語…(だっけ)といろんな国の言葉で書かれた契約書に取り組んでいるとのこと。本人は四苦八苦していると言っていますが、それもすごいなあ。

というのも僕が英語の勉強で今週取り組んでいる課題がちょうど契約書なんですが、もうわけがわからん!というありさまなので…それにしても明日、明後日と出張でつぶれるのが痛いな。

2010年2月5日金曜日

鳥のラベル



たまたま鳥のラベルが3本そろいました。
左から、ライウイスキーの七面鳥、バーボンのカラス、それにスコッチの…雷鳥かな?

お酒は好きだけど蘊蓄(うんちく)は苦手で、ラベルの面白さといった表面的な部分が実はけっこうポイントが高くって…

新橋のTony's Barのトニーさんがご健在だった頃、並んだ多くのボトルの中から恐竜「ネッシー」が描かれたラベルのスコッチを指して飲みたいと言ったところ「これは記念品だからダメ」と言われたのを思い出しました。

…味もさることながら、覚えているのはそんな事だったりします。

2010年2月4日木曜日

レモン



家の中の変なところにレモンが一個。

家の二階に上がる階段の上のところ、幅20cmくらいの板の上にお菓子を並べておくのが妻の癖なんだけど、2、3日前気がついたら黄色いレモンが一個そこに乗っていました。…今日みたら少々ツヤがなくなってきていますが。

聞いたら、葉っぱもついててきれいだったので、そこに置いたとの妻の言葉。梶井基次郎か。。でも、おもしろいね。