2010年3月16日火曜日

Children at the graves

NYTimesの記事、U.S. Is Reining In Special Forces in Afghanistan に掲載されている写真

戦闘が続くアフガニスタンで、夜襲で亡くなった家族の墓に佇む子供達。
記事の趣旨は違うのですが、この写真を見て30年近く前に行ったパキスタンで見た光景を思い出しました。北部山岳地帯の村ギルギットに滞在していた時、散歩の途中細い裏道を歩いていて、気がついたら畑のようなちょっと開けた場所に出ていたのです。
昼の強い日差しの下で乾ききったむき出しの土の上を少し歩きかけて、そこにある畑の畝のような規則的なふくらみが「墓」だと気がついた瞬間、空気が凍ったような気がして、すぐその場を立ち去りました。
土地の人が大切にしている場所に文字通り土足で踏込んでしまったという後ろめたさを感じたのです。どれも古い墓だったのか、上の写真と違って何の飾りや供え物もありませんでしたが、同じようなカラっとした風景でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿