2010年4月20日火曜日

福時(ふくどき)〜福井時間の過ごし方〜



宣伝です。
来週、4月25日(日)〜27日(火)の3日間、南青山にある福井県のアンテナショップ「南青山291」で福井の工芸作家のグループ展が開かれま す。この中の松井勝彦さんが、今の僕の陶芸の先生、ということで、僕はDMとポスターの制作でちょこっと参加しました。以下DMより。

福時(ふくどき)

私たちの作品は挑発的な作品とは違って大きな声を出すことはないので、部屋のなかで何気なく暮らしにとりいれることができます。
花や、紙や、籐や、ガラスや、陶器の手の痕跡。暮らしの時間の流れのなかで、繰り返し手で触れるうちに作り手と使い手の距離は、すこしづつ近づいてゆくのだとおもいます。ゆっくりと。そしてゆっくりと。

籐:こぎ ふみよ ラタンアトリエ
紙:長田製紙所 長田和也
陶:松井勝彦
硝子:glass atelier えむに
花:文房流※ 野口翠智
※明治初年福井に生まれて育った、形式にとらわれない自由さと大胆さをもった文人趣味の生け花、煎茶です。

特設サイト http://sites.google.com/site/fukudoki/

0 件のコメント:

コメントを投稿