2010年5月15日土曜日

おばあちゃんの梅酒

今日の午後4時頃、用が一段落したところで、こういうリキュールって使うカクテルが限られてるからなかなか減らないんだよね、とか独り言をいいながら、ライチのリキュールとレモンのリキュールを炭酸で割って飲みました。

リキュール自体のアルコール度数は20〜25%だから炭酸で割ってビールと同じ5%くらいになってる計算で、昼間に軽く飲むにはちょうどいいなと思いながら飲んだわけです。当然、今日はもう運転はしないということで。

今はもちろん、少なくとも10年以上前からは一滴でも飲んで運転した事はありませんが、20年くらい前までは、一般的にルーズだったというか車で 外出しているのに昼食時に「一杯くらいなら」とビールが出されたり、飲んでも少しなら大丈夫なんて言ってたりしたことがありました。

そんなことを考えながら、小学生の頃からよく梅酒を飲んでた事を思い出しました。育った家の物置に、おばあちゃんが毎年仕込んでいた梅酒の瓶がか なりのビンテージものからずらっと並んでいたので、勝手に持ち出しては水で割って飲んでいたのですが、梅酒ってもとはアルコール度数25%のホワイトリ カー(焼酎)だから、りっぱなリキュールですよね…その頃から酒飲んでたんだ、と。それにしても年数がたって赤くなった梅酒、おいしかったなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿