2010年10月3日日曜日

スペアキー

メキシカン
テキーラ 40ml、パイナップルジュース 20ml、グレナディン・シロップ 1dash
シェイク

今日の締めはメキシカン。これでCaminoのボトルがちょうど空になり、テキーラ促進週間は終了(笑)。きれいな桜色から受ける印象とは違ってけっこう辛口ですがパイナップルの風味がふわっと漂って来てなかなかおいしいです。

そういえばメキシカンって映画がありましたよね。ブラッド・ピットもジュリア・ロバーツも好きな俳優だけど、これはまともには見ていないままです。テレビで断片的に見ただけ。
ブラピは「リバー・ランズ・スルー・イット」「セブン」が印象強いなあ。


今日は、やっと水と電気が通ったアパートの部屋(B型作陶室 ^^;)を掃除しました。何年も空き部屋だったのでドアを開けて入るとちょっとカビっぽいようなにおいがしていたんだけど、板張りの床の水拭き(雑巾は真っ黒!)から始めて丁寧に掃除したら、やっぱり部屋の方も心を入れ替えて人を迎える態勢になったようで、空気が変わったのを感じました。

この部屋の鍵がひとつしかなかったのと、掃除用具などを買う必要があったので近くのホームセンターに出かけたらそこでハプニング。

サービスカウンターでスペアキーの製作を頼んでから買い物をし、帰りに鍵を引き取りにカウンターに寄ったら僕の鍵が無い…女性店員達がおろおろしている所に若い男性客が何かを届けに来ました。

何と僕の前に引き取りに来たそのお客さんに、僕の鍵も一緒に渡してしまっていたのでした。彼が気がついて届けに戻ってくれたので事なきを得たのです。

でも、もしそんな親切な人でなかったらどうなっていたんだろう…「しっかりしてくれよ」と思ってしまいました。だって鍵を預ける時に住所氏名なんて書かせないんだから、たった一つしかない部屋の鍵が無くなってしまうところだったわけです。

このカウンター、合鍵作りを頼みに行った時にも「?」なことがあって、中にいた店員2人がお互いに話しながら作業していて、決して顔を上げないんですよね…まるでカウンターの前に立った僕を無視するように(1分ほど待ってこちらから声をかけました)。

どうもここは何か手順がうまく行っていないみたいですね、そのうちもっと大きなトラブルが起きるんじゃないかと心配になりました。

ともあれ、アトリエ計画は順調に進行中 ^^)
明日は道具類の運び込みです。

0 件のコメント:

コメントを投稿