2010年10月7日木曜日

秋の香り/アメジスト


アメジスト
桂花陳酒 30ml、パルフェ・タムール 20ml、パイナップルジュース 10ml、グレナディン・シロップ 1tsp
シェイク
※パルフェ・タムールの代わりにバイオレットを使いました。

暑くて、もー永遠に夏が続くんじゃないか…と騒いでいたのがウソのようにしっかり秋になって、朝家を出ると近所のキンモクセイが香るようになりました。

というわけでこのキンモクセイのリキュール「桂花陳酒」を久しぶりに使ってみたくなりました。実際にはこのレシピだとパルフェ・タムールの方がけっこう強くてキンモクセイの香りでいっぱい!というわけではないんですが。

ところでこのアメジスト(紫水晶)という石はブラジルが名産地ということで、そういえば何年か前、長男が僕の叔父が住んでいるブラジルに1ヶ月ほど行って来た時のおみやげにくれた鳥の置物(の台座部分)がアメジストでした。カクテルの色が石とだいぶ違いますね…バイオレットが色褪せたか。。

その時の彼は、中学3年の頃から不登校になり通信教育で高校は卒業したものの、まだ行き先がわからずに悩んでいた頃でしょうか。…その後まもなく大学へ行くと決めて、学習院に入りました。その時はうれしかったな。

入学後は意外な事に体育会系の部に入り、今部長だそうです^^;)。これからも悩む事は色々出て来ると思うけど乗り越える力はきっとあると思います。

ところで彼の下に、幼稚園から中学の終わりまで不登校を貫いた筋金入りの弟がいます。こちらはフリースクールの高校を卒業して一旦は神田外語学院に入学したのですが、その年の夏休みには「大学に行きたいから学校をやめる」…

その時はさすがに思いとどまらせようと思いました。だってそれまで普通の試験すら殆ど経験していない彼が大学受験を乗り切れるとはとても思えなかったんですよね。まぁ、言っても無駄でしたが^^;)

で、ちらっと部屋を覗いたら貼ってあった言葉が「俺は早稲田に入りたいんだ」。 結局彼は予備校にも通わず一人でそこから1年余りの受験勉強を乗り切り、第一志望の学部ではありませんでしたが早稲田に合格してしまいました。

義務教育の間ほとんど学校に通わなかった彼の、その自信はどこから来たのか…我が家のミステリーです。思えば、彼は読み書きから殆ど独学で覚えたんだなぁ。。

2 件のコメント:

  1. う~ん。お兄さんもいろいろ苦労している。。
    でも、子供さんの生きる力(っていうんだろうか。。)も
    凄いね。早稲田に入っちゃうんだもんね。。

    お兄さんも、語学がダメ・・なんてこの間いいながら、
    しっかりTOEICで800点軽く超えしているし。

    凡人のいない家庭よね~~。凄いわ。

    返信削除
  2. 子供に関しては僕もすごいと思う。でも、苦労したのは本人達で、僕は何も…ってのが実感ですね。ほんとに、あんな浪人生活、僕なら耐えられない^^;)

    英語はね、この前も話したけど、全然実践的じゃないの。仕事に使えるレベルなんてまだまだ。。

    英語で仕事するなら最低900点と言われたので、とりあえずそこまでは行こうと思ってるけど…ここのところの足踏み状態がヤバいな^^;;)

    返信削除