2010年11月2日火曜日

エムズ・カンフォート(仮)


エムズ・カンフォート(仮・オリジナル)
テキーラ 25ml、サザンカンフォート 25ml、ライムジュース 10ml
シェイクしてマラスキーノ・チェリーを飾る

音楽命の妹が好きというテキーラと、(フュージョン〜ジャズ系の彼女にはちょっと違うかもしれないけど)伝説のミュージシャン、ジャニス・ジョプリンが好きだったというこのサザンカンフォートを使って、オリジナルカクテルを考えてみました。

そんなに甘くはなく、酸味の効いたハードな味で、けっこういけるかなという感じですが、もうちょっと調整が必要かな。…というわけでまだベータ版です。


ブルショット
ウォッカ 45ml、熱いビーフブイヨン適量
ビルド

寒くなったらまず作りたいと思っていた一杯。
ウォッカのスープ割りです。バーテンダー vol.5「One for the Road」の章に、仕事に疲れたやり手の若い女性弁護士を励ます一杯として、ガブリエル・クラフトの同名のミステリとともに登場します。
 
このミステリ、帯にこのカクテルの作り方が書いてあってたしかブイヨンはインスタントのキューブを使ってたと思いますが、それを見て以前作ってみた時にはどうもあまりおいしくなかったので、今回は顆粒状のちょっと高めのインスタントスープを使ってみたんだけど。。

でもね、これがなかなか気に入った味にならない。ブイヨンしだいなんでしょうね。今度はインスタントじゃないのでやってみないとだめかな。

3 件のコメント:

  1. うわ~!飲みたい!!毎日、いろいろなカクテルを作っているお兄さんがうらやましい!


    今日は林農園というところで作っている、”無添加ワイン”グラス2杯と、ハイボール缶1本を飲んでます。

    それにしても、THE LONG AND WINDING ROADの日々が続いている。。。

    まだまだ暗中模索の日々が続いています。

    返信削除
  2. ネットが発達しても、カクテルは「送信!」ってわけにはいかないものね。飲んでもらえる日のために少しずつ練習してます^^;)

    今日は僕も久しぶりに夕食時にワインを飲んだけど、ほぼ毎日カクテル作るようになったおかげでワインを飲む回数はずいぶん減りました。

    The Long And Winding Road…ほんとにね。いい曲だけど実際はポール自身も疲れきって絶望的な気分の時に作ったらしい。でもポールの歌い方ってやさしいよね。

    それに、Nakedに入っている最後のバージョンだと、途中の歌詞が"Anyway you never know"じゃなくて"Anyway you always know"になってるんだよね…なんだか希望の歌に聞こえない?

    どんな生き方を選んでも一人じゃないんだよ。

    返信削除
  3. 自分で書いたコメントを見てて、Anyway you always know っていう言葉、逆の意味にもとれるのかなと思った…この曲の You が John の事なら。

    でもね、音楽でも美術でも重要なのは作者が何を考えて作ったかじゃなくて、聴く方、観る方がそこにどんな意味を見いだすかだと思うから、

    やっぱり The Long And.. は希望の歌ということにしよう ^^;)。You は誰かな。

    返信削除