2010年11月7日日曜日

グレイシャー・プール(オリジナル)

グレイシャー・プール(オリジナル)
ウォッカ 60ml、ペルノ 1/2tsp、ブルーキュラソー 1tsp
ウォッカとペルノをステアしグラスに注いだ後、ブルーキュラソーを沈める

ウォッカ・アイスバーグはグラスに氷山に見立てた氷が入っているからアイスバーグなので、氷が入らないのにアイスバーグってのもなぁ…でもこのカクテルの風味のミントとはまた違った清涼感は氷のイメージに合うなあ。

と、ウォッカ・アイスバーグ・マティーニを飲みながら考えたわけです。そこで思い出したのがカラコルムで見た氷河の風景でした。ハッサナバード氷河(だったと思う)です。ハッサナバードはこの氷河の終点にある町の名前です。

氷河と言っても表面のほとんどは周囲の山からの石や岩で覆われて瓦礫の山で、 氷はあまり見えないんですが、上流に行くほど岩石が減ってくるんですね。

我々が登った山のふもと、ベースキャンプを置いていた辺はまだだいぶ岩石が多くて、でもところどころに氷が顔を出しているといった感じでした。そこに小川のように水が流れて水たまりも出来ていて、そういう水たまりの小さなもので晴れた日には仲間が泳いだりしてました…ほとんど0度のおフロ^^;)

こういう氷河上の水たまりをGlacier Poolと言います。透明ではなく空気を含んだ不透明な白い氷の中の方は透き通った深い青がとてもきれいなんですよね。

ある休養日にその氷河を上流の方に向かって散策してみました。そのうちまわりをぐるっと山に取り囲まれた源流部に着いたんですが、そこは表面に岩がほとんど無い白い氷の平原に青い水たまりが点在する幻想的な世界でした。

別の日の登山中に、たぶん標高6,000mあたりから下を見た時、そういう水たまりの大きいものだと思いますが遠くに広がる白い氷の上の青がきれいで、世界中のだれも見た事の無い風景なんだなあと思ったことを憶えています。…まぁ似たような風景は大勢の人が見ているんですが^^;;)

これをカクテルにできないかと、ちょうど氷のイメージを感じたウォッカ・アイスバーグをアレンジして青を加えてみました。とりあえずステアで作りましたが、色としてはシェイクで空気を含ませた方がいいかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿