2010年12月2日木曜日

ホット・ブランデー・トデイ 風邪ひいたかも

ホット・ブランデー・トデイ
ブランデー 45ml、角砂糖 1個、クローブ 数片、シナモンスティック 1本、熱湯適量
ビルド

トデイはToddyと綴って、ウイスキーやブランデーなどのスピリッツに砂糖とレモン、シナモン等とお湯を加えたもの。焼酎でよくやるお湯割りです。

今日の午後、車で1時間くらいのところにある高校へ出かけて体験授業をして来たんですが、夕方職場に帰ったころから喉の調子がおかしくて、だるさ加減とかが風邪のひき始めっていう感じなので、ホットドリンクにしてみました。この前ウイスキーでやったので、今日はブランデー。

…一応レシピでは45mlとなっていますが、目分量で適当に注いでいます。レモンスライスくらい作ればいいんだけど^^;)、それも今日はおっくうで、乾きもののスパイスだけ。

飲むと身体がカッと来て汗ばむような感じになるのがいいですね。

今朝はちょっぴり冷や汗もかきました。友人の追悼トレッキングのために来週ネパールへ旅立つ大学山岳会メンバーに持って行ってもらう、記念のプレートが焼き上がったんですが、イメージした上がりと違う。。

25年前酒井がガウリシャンカール南壁で遭難した直後の追悼登山隊のためにはブロンズでプレートを作りましたが(重い!と不評^^;)、今回は陶板にしようと思って、悩んだあげく金沢にちなんで九谷の磁土に思い出を染付けで素直に描くことにしました。

ところが買ったばかりの小型電気窯での還元焼成はサヤ鉢に木炭を入れて、という初めてのやり方(ガスでしかやったことがない)。土も釉薬も絵の具となる呉須(コバルト顔料)も買ったばかりで初めて使うもの。

何点も作る時間もないしエイヤッという感じで1点だけ本焼きしたわけです。…なんと贅沢なことですが、こういうことができるっていうのが小さい窯のいいところですね。

でもイメージと違うとはいっても…還元はかかったし、釉は融けたし、絵が下手なのはしょうがないし、今の僕にできる精一杯かな。明日参加メンバーに送って、持って行ってもらうことにします。


ガウリシャンカールと書いてありますが、背景の山は一緒に登ったハッチンダール・キッシュ。一緒に大岩壁のフリークライミングに熱中していた頃撮った彼の写真をモチーフにしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿