2010年12月18日土曜日

ダーク・ウォーター(オリジナル)

ダーク・ウォーター
ブラックパイナップル・リキュール 45ml、ブルー・キュラソー 15ml、スロージン 15ml、ソーダ適量
ビルド

Dark Waterといえば2005年の映画で、鈴木光司原作のジャパニーズホラー「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版。ホラーとしてよりヒューマンドラマとして評価されているようですが、ホラーの苦手な僕は見ていません^^;)。

見ていないんだけど、このカクテルの色を見ていたら他に言葉を思いつかなかった。パイナップルのリキュールなのに色が黒という不思議なリキュール、ブラック・パイナップルを初めて使ってみました。

元ネタは「ディープ」、このブラックパイナップルとブルー・キュラソーにパルフェ・タムールを少量加えてトニック・ウォーターで割ったドリンクです。カクテルブックでこれを見つけて、「ディープ」と来て、写真の青黒い水色を見ていると当然のように「ディープ・パープル」という名前が脳裏をかすめます。

だから本当はもう少し赤みを出して「パープル」っぽくしたくて、スロージンを使ってみたんですが、なかなか思うような色にはなりませんね。。

というわけでとりあえず「ディープ・パープル」はおあずけにして、「黒い水」ダーク・ウォーターという名前にしました。

ホラーは苦手ですが、映画を観るのは好きです。で、気に入った映画はDVDを買って手元に置くのですが、たいした数じゃないけど本棚のDVD用のスペースが一杯になってしまったのと、欲しい映画のDVDに限って高いこともあって…久しぶりにDVDのネットレンタルを申し込みました。以前はDMMだったけど、今回はツタヤのDISCAS。

いつまでたってもDVDが再発売されない「バベットの晩餐会」みたいな映画もレンタルならあるってことに今さらのように気がついたわけです。といっても今日届いた第1便の2枚は「ラスト・タンゴ・イン・パリ」と「フレンチ・コネクション」。「バベット…」は枚数が少なくて、いつ来るかわかりません。「ダーマ&グレッグ」もDVD-BOXを買ってしまいたい衝動を抑えて^^;)、レンタルの予約リストに入れました。4枚/月の一番安いコースです。

同じDISCASでコミック「Bar レモン・ハート」も15巻借りました。20泊21日ということなのでちょうど冬休みにじっくり読みましょう。「バーテンダー」なら問答無用で買っちゃうんだけど^^;)

2 件のコメント:

  1. 奇遇?私もホラーは全くダメで、見たことがありません。
    映画は結構好きだなー。
    毎年夏の終わり頃に、”ラテン映画祭”っていうのを
    東京とか京都でするんだけど、そういうところで見れるような、ちょっとマイナーなのがすきだったりします。

    でも、ノルウェーの森は見に行きたいな。。。

    実はDISCUSにもはいっていて。(笑)
    同じく、月4枚コースにはいってます。

    はは。。やっぱりどこかつながっているのね。

    返信削除
  2. 映画祭のサイトを見てみました。僕もこういう映画好きですね。サイトに載ってたレトロ作品の中にあった「天国の口、終わりの楽園」「ボルベール」は観た事があって印象に残ってます。

    新作の中では「愛する人」「フラメンコ×フラメンコ」「命の相続人」あたり、観てみたいな。

    シネコンでやるような大作も好きだけど、いろんな国の生活の中のドラマという感じも好きで、ミニシアター系の映画を上映している福井市内の小さな映画館に時々観に行きます。

    …こういうのを観れる機会は、東京近辺にはかなわないよね^^;)。

    返信削除