2010年12月7日火曜日

リーズン・トゥ・ビリーヴ


リーズン・トゥ・ビリーヴ
ドライジン 60ml、ベネディクティン 15ml、オレンジジュース 60ml
以上をシェイクして氷を詰めたコリンズグラスに注ぎ、マラスキーノ・チェリーを飾る

昨日はTVで「ノッティングヒルの恋人」をやっていて、ずーっと観ていたわけじゃないんだけどつけっぱなしにしておいたから挿入曲の「She」が聞こえて来てね…いいねぇ。

で、それとは別に関係ないんだけど、ロマンチックな曲が聞きたくなるのは季節柄でしょうか、今日は仕事から帰るなりジュークボックスになっているiBook G4からホイットニー・ヒューストンの「I Believe In You And Me」をかけました。

これも映画「The Preacher's Wife」の挿入曲です。ホイットニー自身がヒロインとして出演しているクリスマスの教会を舞台にしたストーリーで、邦題は「天使の贈り物」ですが原題の「牧師の妻」(ホイットニー)に惹かれる天使の役をデンゼル・ワシントンが演じています。ロマンチック・コメディーといったところでしょうか。ホイットニーの歌の良さもあって…特にこの「I Believe In You And Me」…好きな映画の一つです。

もしかしたらこの名前のカクテルがあるかもしれないと思って調べてみたら曲と同名のは見つけられなかったんだけど、believe という言葉が使われているこのレシピが見つかりました。「信じる理由」…思わせぶりですね^^;)、でもタイトルの情景をいろいろ想像するのもカクテルの楽しみのひとつです。何を信じるのかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿