2010年12月11日土曜日

ビトゥイーン・ザ・シーツ

ビトゥイーン・ザ・シーツ
ホワイトラム 25ml、ブランデー 25ml、コアントロー 25ml、レモンジュース 10ml
シェイク

「世界一有名でセクシーなナイト・キャップ」と、バーテンダー vol.9「聖母のラム」の章に出て来るカクテル。手持のカクテルブックの説明にも「意味深な」とか「大人の恋愛に」という言葉が使われています。シーツの間(あいだ)ということから「ベッドに入りましょう」という意味になるんですね。

今日アマゾンから届いた箱の中に4冊。…ん?3冊しか注文した覚えはないのに、と思ったら、うち二冊が同じ本でした。たぶんカートに入れた3冊のうち1冊をその本の詳細ページからまず1クリック注文して、その直後にその本をカートから削除しないままカート内の本をまとめてこれも1クリック注文したんでしょう(ダブったのは国産ミステリ、伊藤計劃の「虐殺器官」)。。

で、余分な一冊をどうしよう?…と一瞬あせりましたが、すぐアマゾンは返品できるんだってことを思い出しました。以前にも一度ポールポッツのCDを数量を間違えて注文した事があったんです。その時と同様にアマゾンのサイトから返品手続きをして、今返送用の住所ラベルとバーコードを印刷したところです。

こういう手続きが無条件に簡単にできるっていうのがいい所ですね。アマゾンにかぎらずアメリカではLLビーンなんかも無条件での返品を保証してます(こちらの方は返品するはめになったことは無いけど)。…そうしょっちゅうあることじゃないけど、困った時にこういう対応をしてくれるとますますショップへの信頼感が高まります。

今日届いた他の2冊は、はじめて買うコミック「BARレモン・ハート」の1, 2巻です。長寿マンガで巻数も多いのでとりあえず試しに2冊買ってみたわけです。で、これを読んでいたら昨日使ったシェリーについて、カップル客の女性がこれを注文したら「今夜は一緒に寝てもいい」という意味だという、酒にも花言葉みたいなものがあるんだというエピソードが出て来ました。はは^^;)

となると、さしずめその次に注文するのはこのビトゥイーン・ザ・シーツかな。セクシー系といっても、これはスタンダード・カクテルらしく婉曲というか奥ゆかしい表現ですが、カクテルレシピを載せた英語のサイトを見ていると、身もふたもないというか直接的でお行儀の悪いネーミングが一杯あるもんですね。。そんなの注文できないって。

まぁそれはともかく、女性が隣にいようといまいと、酸味の効いたとてもおいしい一杯です。うーん僕好み。飲みやすいけど、30度くらいのアルコール度数にはなるので、何杯も飲んだりしたら、ベッドに入ったとたんに眠っちゃいます^^;)。

2 件のコメント:

  1. カクテルにもいろいろな逸話があるんですね。
    BETWEEN THE SHEETSなんて、なんて官能的な!

    そうそう!同タイトルのステキな曲があるから、ぜひ
    聞いてみて!!FUSIONグループの、FOUORPLAYの曲です。
    今、私のブログにUPしてみます。(笑)

    返信削除
  2. へぇ、フュージョンっていうよりメロウなソウル・バラードですね。"...between the sheets"って決める所がかっこいい。これ好きです。さすがによく知ってますね。

    ベッドの中でどうたらこうたら^^;)って、歌詞は単純にそのまんまという感じですが、ボーカルの雰囲気がいいなぁ。チャカ・カーンもセクシー。

    セクシーと言えばFourplayっていうバンド名からして、4人だからFourなんだろうけど、foreplay(前戯)にかけてますよね、発音が同じ。

    ところでこのギターはリー・リトナー?
    金沢に住んでいた時だから大昔だけど、ソロで公演に来た彼のステージを見に行った事がありました。何を演ったのかは全く憶えてないけど--;)

    返信削除