2011年1月20日木曜日

レット・バトラー 「フォー・ウェディング」

レット・バトラー
サザン・カンフォート 20ml、コアントロー 20ml、レモンジュース 10ml、ライムジュース 10ml
シェイク

そろそろDISCASで借りてるDVDを返さなきゃってことで、帰宅後少しと夕食後にヒュー・グラント主演の「フォー・ウェディング」を観ました。邦題のカタカナの意味(笑)は「4つの結婚式」だけど、原題を直訳すると「4つの結婚式と1つの葬儀」(で、邦題では省略されてしまった葬儀がけっこう重要なシーンだったりします)。

ヒュー・グラント演じる主人公のチャールズが友人の披露宴でしたスピーチ!日本の結婚式だとほら、「切れる」とか「分かれる」なんていう言葉は縁起が悪いから使っちゃだめだみたいな事を言うけど、そんなことおかまいなしで、しかも最後にはジンと来て、いいなぁ。…でもどこにも空気の読めない奴はいて、そんなのがスピーチするとユーモア通り越してハラハラ^^;)

今日の映画に限らずこういう結婚式やパーティーが出て来る作品を観ていて気づくのは、ワイングラスやカクテルグラスのように脚のあるグラスを持つ場合には体温を酒に伝えないためにステム(脚)の部分を持つっていうのが常識だと思ってるのに、みんな平気でボウルの部分を持ってる事^^;)です。立って飲むパーティーなんかだとその方が安定するのかな。

映画の中の披露宴のパーティーでは、オレンジ色のカクテル(オレンジ・ブロッサムかな)が飲まれていましたが、チャールズの妹分の女性が友人の結婚式で出会った背の高いアメリカ人にアタックするときの会話から、今日はレット・バトラーを。おなじみの「風とともに去りぬ」から命名された一杯です。

いわばサザン・カンフォート版のサイドカーですね。はじめて作りましたが、きりっとした酸味とフルーティーな香りでとても美味しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿