2011年1月22日土曜日

スカーレット・オハラ

スカーレット・オハラ
サザン・カンフォート 45ml、クランベリージュース 10ml、レモンジュース 10ml
シェイク

「陽のあたる坂道」、やっと読み終わりました。終盤の急展開で、怒濤のハッピーエンド。いいなあ。

やっぱり小説っていいなあと思います。同じ本でもいわゆるビジネス本とは充実感が違う。でもまぁ「twitterがなんたら」とか「クラウドがどうした」とか言われるとつい買ってしまうんだけど^^;)…ビジネス本って役に立つこともあるけど読んでも何にも残らないんです。

ところでこの作品は新聞に連載されたということですが、 新聞の連載というと椎名誠の「銀座のカラス」を思い出します。連載されている新聞をとっていたのに、連載されている時にはなぜか「おもしろくなさそう」という先入観で読まなくて、連載が終わってから大好きになりました。

それから別の意味で記憶に残っているのが日経に連載された渡辺淳一「愛の流刑地」で、印象は変態エロ小説。朝っぱらからこんなのを読まされるのがいやで途中で日経の購読をやめてしまいました^^;)。

陽のあたる坂道のヒロイン「たか子」は、美しいだけではなく芯の強さを持った女性です。というわけで今日の一杯は強い女性代表の名前で。

2 件のコメント:

  1. 小説、確かにいいですよね。私は、ちょっと前まではビジネス本とか、HOW TO本ばかり読んでいたんですけど、去年くらいから、小説のよさを感じるようになりました。
    小さな頃や、学生時代は本の虫で、片っ端から読みまくっていたけど、今読むと、当時とはまったく違った視点で読めたり、また、『もしかしたら、こういう意図だったのだろうか?』と驚いたり。
    イマジネーションをふくらませられるのが、なにしろいいのかもしれません。

    返信削除
  2. それそれ!イマジネーション。
    いい小説には人物の描写はもちろん、風景の描写ひとつにしても…いろんなイマジネーションを支えるだけの力があるっていうか。

    その割にビジネス本って値段が高いのがしゃくだけど、まぁ賞味期限が数ヶ月とかせいぜい1年とか短いからしかたないのかな。

    そのかわり、明治〜昭和あたりの小説だとブックオフで文学全集を1冊100円で売ってたり、ネットの青空文庫で無料で読めたりするのはうれしい^^)

    まぁビジネス本も必要悪(言い過ぎか^^;)みたいなもので、読むんだけどね、「読書」とか「一年に何冊本を読んだ?」とか言う時にはカウントしたくない(笑)。

    返信削除