2011年1月23日日曜日

プンシュ

プンシュ
赤ワイン 90ml、ラム 20ml、パイナップルジュース 40ml、レモンジュース 10ml、砂糖 1tsp、クローブ 数個
すべての材料を鍋で煮立たせてホットドリンク用グラスに注ぐ

今日の午後は仕事だったんですが早めに終わったので帰宅後DISCASから届いていたDVDの「敬愛なるベートーベン」を観ました。

この月ぎめレンタルは、あらかじめ観たい映画をたくさん予約リストに入れておくとその中の貸し出し準備の出来たものから順に送って来るというシステムなので、選んだ時と届く時にタイムラグがあるんです。

で、届いた時にはなぜその映画を選んだのか忘れてることが多々あって^^;)、今日届いたのも何で選んだのか思い出せない…でも、一緒に届いたのがショパンの話だったから、その時音楽関係の映画をまとめて予約してたんでしょうね。

選んだのを忘れてるくらいまったく先入観なく観た感想は、面白い!

フィクションなんだけどある程度史実に基づいて構成された第九交響曲の誕生秘話というお話です。全体のトーンもいいし、ヒロイン(ラブストーリーじゃないんだけど)アンナ役のダイアン・クルーガーの美しさがまたぴったりの雰囲気で…特にクライマックスの第九初演の場面は官能的ですらあります。

急遽ウィーンにちなんだ酒をつくりたくなって今日の一杯は、ウィーンに駐在している方のブログをいくつか見てそこで紹介されていたレシピを参考にした「プンシュ」に。材料の種類と分量は適当です^^;)。ほんとはオレンジジュースを使おうと思っていたのにパイナップルジュースしかなかったから…とか。

でも、元々そういう何でもありなものみたい。これはホットだけど、語源はいわゆる「パンチ」ですね。なんでもまぜちゃえ^^;)

加熱するのにホーローの小鍋を電磁調理器にかけたらあっというまに沸騰してびっくりしました。これならアルコールが飛んでしまうこともないですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿