2011年1月31日月曜日

ライチ・オレンジ 雪のTOEIC

ライチ・オレンジ
ライチ・リキュール 45ml、オレンジジュース適量
ビルド

今日はTOEIC。近くの駅で待っていた電車が雪の影響で遅れて定刻になっても来ないので急きょ車で会場の福井大学文京キャンパスに向かいました。

キャンパスには車のゲートがあるんだけど、そこに係の人が立っていてTOEIC受験者に出入り用のカードを配ってくれていました。寒い中お疲れさまです。

さきほどから除雪車がさかんに通っていますが、今夜はこの寒いのにロングドリンクが欲しくなりました。毎度のことながら2時間集中してぐったりしたせいか夜になってもノドが乾いています。

さて今日の出来は…リスニングは今一だったかな。PART3, 4は割と先読みのリズムをキープできたんだけど、いくつか聞き逃してしまいました。

でもリーディングは時間内に最後の問題までマークできたのでまあ良かった。最後のマークが試験時間終了30秒前というきわどさでしたが^^;)、焦って空回りすることなく最後まで解答することができました。

今日の受験を終えて、TOEICの心得^^;)

PART 1
特に無し^^;)

PART 2
Who, How, When, Where…等、 最初の一語に集中。質問が5W1Hで始まったらYes, Noの答えは無い。

PART 3, PART 4
説明( Directions )の間に一問目の質問と解答の選択肢に目を通しておく。会話/メッセージを聞きながらマークシートの解答欄に印を付ける(塗りつぶさないで、一本線を引くだけ)
質問の読み上げ中に次の問題の質問と解答の選択肢に目を通しておく。(…以下同様)
最後の問題が終わったらこれまで印をつけておいたマークを全部塗りつぶす。

※もし先読みのリズムが崩れてもあわてずに、メッセージのリスニングに集中して質問に答えていればまた先読みできる余裕が必ずできる。

 PART 5, 6
意外とこれがキモ。知っていないと解けないので無駄に時間を使ってPART 7を圧迫してしまうが、知っていれば瞬時に答えられる。ここを20分以内に終わらせ、PART 7の時間を確保する。

PART 7
質問自体は難しくないが、時間が足りなくなると焦りで解けなくなってしまう。
問題文を目一杯速く読んで大意とどこに何が書いてあるかを素早く把握する。落ち着いて解ければ大丈夫。

対策は「公式問題集vol.1〜4」が基本。
他はPART5, 6用に文庫本の「千本ノック」シリーズが持ち運びに便利
これだけで900点まではいけるんじゃないかな…

ふだんできるだけニュースなど英文を読むことと、直接TOEIC用というわけではないけどリスニングとボキャブラリー両方の強化用にZ会の「速読速聴・英単語」シリーズも良さそうです。

2 件のコメント:

  1. !900点!

    いまだかつて、そんな高得点とったことがありません。
    TOEIC、苦手意識大~~(^^::

    いつも、最後まで解ききらなくて、最後は”賭け”で塗りつぶし・・

    私も勉強しなくちゃ。(^^::もう5年くらい受けてないし。

    返信削除
  2. 君は実践で英語使ってるじゃないですか。

    だいたい英語が使える人はテストなんか受ける必要もないしね。

    僕の英語は全然実践的じゃないのが悲しいところです…が、まぁ少しでもうまくなりたいと思ってTOEIC受けてます^^;)。

    返信削除