2011年3月6日日曜日

アマゾン(オリジナル)

アマゾン(オリジナル)
カシャーサ 45ml、レモン 1/4個、ウイルキンソン・ジンジャーエール適量
ビルド

ラム・バックを作ろうと思って酒棚を見ているうちに近くにあったカシャーサを見て思いついた一杯。つまりカシャーサ・バックなんですが、ブラジルの酒カシャーサを使ったことと、茶色っぽい水色からの連想もあってアマゾンと名付けてみました(というわけで書店とは関係ありません)。

ラムとカシャーサ、同じサトウキビが原料の蒸留酒ですが風味は全く違います。ラムだと口当たり良く、カシャーサを使うと素朴なカイピリーニャの風味になりますね。

今日は夕方映画館に出かけてナルニア国物語第三章を観て来ました。もう何年も前からそうですが、CGと実写の境目が全くわからない、すごい技術。

思わず昔観たファンタジー「ネバー・エンディング・ストーリー」 のチープな映像を思い出します。あの世界を今の技術で表現したらすごいだろうな。とはいいつつ、エンデのはてしない物語の世界をどう映像化できるのか想像もつきませんが。

誰でもナルニアやハリーポッターのような本を読んで想像して面白いと思えるのに、映像という形にしようとするとこんなにすごい技術が必要になる…って、人間の想像力は底知れません。

ところでナルニアのようなVFX大作を観ると、いつもそのスタッフの多さに驚きます。これだけの人間をまとめて作り上げる映画というプロジェクトのすごさ。ほとんど奇跡にしか思えません。

それに比べて何とちっぽけな組織の中で…(以下略^^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿