2011年5月23日月曜日

プラスチック

テキーラ・サンライズ
テキーラ 30〜45ml、グレナディン・シロップ 1tsp、オレンジジュース適量
ビルド

夜ロクロの練習を終えて家に戻ったら冷蔵庫にオレンジジュースがあったので、そこにあった普通のグラスに氷とグレナディン・シロップを入れてジュースと一緒に持って二階へ。そこにテキーラを注いでオレンジジュースでフルアップ…で、テキーラ・サンライズ!テキトーに作ったけど、おいしいね。

土を練ったりロクロを回したりしながら良く思うのが、焼き物って最古のプラスチックなんだなということです。今プラスチックというと石油製品の合成樹脂だけど、言葉の意味は可塑性があるってことだから。柔らかい粘土に熱処理をすると耐水性、耐久性を持って実用的な道具になるって、すごい発明(発見?)だった。

同時に粘土を自由に成型するためにはスピード、柔らかさ、弾力、抵抗…といった物理的な法則に完全に従う必要があること、ちゃんと焼き上げるためには素地や釉薬の成分や温度のコントロールが必要な事など、現代のプラスチックと同じ科学の産物ですね。

それに、水、土、など様々な素材の容器として、乾燥をコントロールするバリアとして、作品を梱包、運搬するための緩衝剤として…現代の陶芸にプラスチックは不可欠なんだよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿