2011年6月6日月曜日

ポールジロー スパークリング・グレープジュース


シャンパンみたいだけど、ブランデーメーカーのポールジローがコニャックの原料になるユニブラン種の葡萄で作っている発泡性のグレープジュース。もちろんアルコールは0%なんだけど、ふつうの葡萄ジュースのように甘いだけじゃなく、しっかりした味わいでシャンパンを飲んでいるよう。甘みと酸味のバランスのせいかな。おいしいです。

このボトルは僕の好きなマンガの「バーテンダー」にも「もやしもん」にも対立する親子あるいはこれから親子になろうとする二人の仲をとりもつ重要な役回りで登場します。どちらも、見た目は酒なのに実はジュースというところがポイントですね。

これは昨年末買っておいたもので、今の時期では売り切れてて手に入らないようです。今日は午前中から昼過ぎにかけてテニスをやった疲れもあって早めに寝ようと思ったんですがその前にむしょうにこれを飲みたくなりました。

実は二杯目に少しジンを混ぜてみたんだけど、けっこうおいしいカクテルになりますね。分量もテキトーなんで、まだ名前をつけることも出来ないんですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿