2011年6月13日月曜日

Place To Be



妹のブログで知ったピアニストの上原ひろみさん。
感情豊かに弾き上げる様子は楽器と演奏者という2つの物ではなく、何とも言えない一体感を感じさせてくれます。こんな風に弾いてもらえるピアノは幸せだろうなあ。

今日は月曜日だけど出勤日数の調整で午前中休みなんですが、昨日半日テニスしたおかげであちこち筋肉痛なのに加えて二日酔い気味。

昨日の夕方から、知り合いの工芸作家がJAICAのシニアボランティアとしてアンカラにある学校でデザインを教えるために来月から2年間トルコに行くということでその送別会があったのです。

彼女は、パブ「ウィーン」のカクテル教室の24期生が作った親睦会のメンバーで、昨日はその「24クラブ」の面々が集まりました。なぜか僕も24期じゃないけどそこに入れてもらってます。職業も年齢もバラバラの面白い集まりですね。

1次会、2次会とも福井の繁華街片町にあるメンバー経営のお店で。気楽なせいか、知らず知らず飲み過ぎたみたいで、一応終電で帰って来たんだけど、めずらしくかなりふらついてたみたい。

家庭も持っている大人の女性が2年という決まった期間とはいえ単身外国に渡るというのはすごい事ですね。もちろん家族の協力もあってのことですが、本人としては何かを犠牲にしたり不安を感じている部分もあると思います。でも行く。たぶんもっと大きなものに出会えると思えるから。

自分はどうかというと、それだけの技術や語学力もないし、月々の支払もあるし(^^;) むやみに仕事を変えるわけにもいかない…んだけど、ここにいても今日と同じじゃない明日を作って行く事はできるんじゃないかな。

僕の Place to be はどこかなと、そんな風に思いました。

2 件のコメント:

  1. お兄さん、ご無沙汰してます。

    最近仕事づけで・・・何もできていなくって。

    職場はゴタゴタだし。楽器も練習できないし。

    PLACE TO BE。

    いまだに探し続けている気がします。

    そうそう、上原ひろみさん、いいでしょう??

    彼女のピアノへの思い入れに、本当にほれ込みました。

    ライブ、いいですよ!!ものすごい吸引力で

    観客の視線、思いを一身に受けて彼女はエネルギーを
    発散する感じです。

    凄いです。・・でも、すぐ売り切れちゃうのが悲しい・・

    返信削除
  2. 君の職場も大変そうだね。

    この Place To Be って言葉、胸に来るね。
    僕も最近、よく考えます。

    上原さんのライブ、一度は見てみたいなぁ。

    返信削除