2011年7月25日月曜日

轆轤(ロクロ)の流儀

今日水引きした飯茶碗。手前中央はシッタの頭

今日(24日)は、午前中テニス、午後ゴスペルの練習、夕方はロクロ、と忙しい(笑)一日でした。その後夕食時にワインを飲んでしまったのでその後は使い物になりません。ともかく、ロクロを回しながら思った事。僕の流儀は「いいとこどり」だな。

僕が最初にロクロを習ったのは30年くらい前、石川県寺井町(当時)の九谷会館の研修所でした。主に焼き物業界の後継者が通う所ですね。当時師事していた萬年先生の仕事場ではほとんどロクロを使わなかったので、勉強の為に毎週日曜日に通っていたんです。その時の田中先生は京都風の薄くて端正な作風でした。

今通っている金津創作の森での師匠は創作の森内にアトリエを構える松井先生。沖縄の壺屋で修行された方で、ロクロは僕と逆の左回転です。また九谷の磁器と今やっている陶器では成型途中のコテ、ヘラの使い方や削りの時の乾燥度合いがだいぶ違います。

陶芸 ろくろ成形のツボ」の著者、杉山佳隆さんも今の師匠の一人かな。この本は著者本人が描いたマンガと写真による解説で面白いし分かりやすいんです。

それから「陶芸動画教室 大門」というWebサイト。成型の過程を動画で見る事ができるのでこちらも分かりやすい。削りが右回転で僕とは逆ですが。

どの師匠も少しずつやり方や使う道具が違うんですね。僕はそれぞれのやり方をマネして場面ごとにやりやすい方法を見つけるようにしています。

飯茶碗の水引き後シッピキで切った跡

この写真では1mmの段差ができちゃったけど、毎回ほぼ水平に切れるようになったのは「ろくろのツボ」にあったアドバイスのおかげです。コツはシッピキの根元を持つ方の左手人差し指で糸を支えて土にぴったりつけること。

九谷では確か右手で切り糸の根元を支えて左手で先端を持ち、土に手前から当てるという方法でしたが、なかなかこれがうまく出来なかったんですよね。

飯茶碗を削ったシッタ

違うと言えば、昔ならった九谷のやり方と、「ろくろのツボ」に載っているやり方、それに「陶芸動画教室 大門」に出て来るやり方、と削りに使うシッタがみな違います。「ろくろのツボ」では素焼きのシッタに直に削る器をかぶせているし、「大門」では全体が半乾きのシッタ。それにしても素焼きのシッタに直置きなんて、よくできるな。。

僕は素焼きのシッタに半乾きの粘土の頭を固定して使います。九谷会館で習った方法だし金津創作の森でも同様ですね。…ただ昔作った自作の素焼きのシッタがどこかに行ってしまったので、今は最近ホームセンターで見つけた小さい植木鉢を代わりに使っています。


というわけで楽しいロクロですが、水引きにしても削りにしてもドベや削り屑でまわりが汚れるので陶芸教室では自分の作業が終わったら次に使う人のためにロクロや作業台まわりをきれいに掃除しておくのがマナーですよね。

自分のアトリエでも同じで、その日の制作が終わったらロクロまわりをきれいに掃除し、道具類も洗っておきます。…次に使う人って?明日の自分です(笑)。

電源ケーブルも毎回抜きます。というのも、これまで使った事のある電動ロクロはターンテーブルの回転を止めていてもモーターのまわるブーンという音がけっこうしていたんだけど、このRK-3Dというロクロは静かで、特に回っていない時は全く音がしないので、電源スイッチを切るのを忘れてしまうんですね。先週も3日間の出張から帰ったらロクロの電源が入ったままでした^^;)。だから家でも創作の森の工房にならって必ず電源プラグをコンセントから抜いておくことにしたわけです。

2011年7月22日金曜日

ミント・フラッペ

ミント・フラッペ
クラッシュアイスを詰めたグラスにミント・リキュール適量を注ぐ
ビルド

大人のかき氷。これ、いろんなリキュールで試したくなりますね…ジャポネ抹茶に、ベイリーズと、あずきリキュールを加えて宇治クリーム金時とか(笑)。。

ただし、クラッシュアイスが作りたくて買ったのに、TESCOM製 のミキサーはパワーが無さ過ぎて全然ダメ(まぁ安いんだけどね)。 たったこれだけのクラッシュアイスを作るのに負荷オーバーで止まってしまって四苦八苦です。やれやれ。

きょうのロクロ。信楽の赤土で飯茶碗の水引き9個。

2011年7月21日木曜日

MacBookのメモリ増設

持っているアドビのAfterEffectsバージョン6.5がさすがにもう使えなくなって、最新のCS5.5を買うのも今は苦しいので、今回アップルのMotionを購入しました。Mac App Storeからのダウンロードです。まだ全体を把握したわけじゃないんだけど、モーショングラフィックスで4,300円って安いよね。

で、動画編集をより快適にするためにメインメモリを増設することにしたわけです。写真はメモリを交換するためにMacBookの裏蓋を開けたところ。中央右の細長いラベルが見えるところがメモリスロットで、これまでの1GB×2枚を抜いて、今日届いた2GB×2枚に挿し替えます。2枚重なった1GBのカードのうち下のカードを抜くのにちょっと手間取りましたが、無事新しいメモリも認識されて、4GBになりました。これで18,480円。

このソフトを使う為にOSも急きょLeopardからSnow Leopardに替えたんだけどこれが送料込みで3,825円…今日Lionリリースなんだけど^^;)、それはともかくこれ全部足して、まだ買ってないけどFinal Cut Proを足してもAfterEffectsを買い直すより安い。AEは好きなソフトなんだけど、Motionでどこまでできるのか楽しみです。

きょうのロクロは、昨日水引きした茶碗の高台削り。湯のみで慣れたおかげか割と安定して削る事が出来ました。器をシッタに据える際に底を強く叩いてシッタに食い込ませ(るような感じで)安定させるのがコツですね。

保管するためにターンテーブルに接する部分の土をはずしたところですが、飯茶碗削り用のシッタ。ホームセンターで買った小型の植木鉢に半乾燥状態の頭部を固定したものです。 また後日使うためにこのままビニールに包んで保管しておきます。

2011年7月20日水曜日

フローズン・ダイキリ(再び)

フローズン・ダイキリ
ホワイトラム 45ml
コアントロー 15ml
シュガーシロップ 10ml
レモンジュース 15ml
アイスキューブ7, 8個とともにミキサー(バー・ブレンダー)にかけてシャーベット状にし、クープ型のシャンパングラスに注ぐ

先日はもたもたしていて氷が全部溶けてしまったフローズン・ダイキリに再挑戦。こう暑い日が続くとこのタイプのカクテルがむしょうに飲みたくなります。

きょうはミキサーのガラス容器を氷水で冷やすところから。数個のアイスキューブと少量の水を入れてスイッチを入れるといい感じでシャーベット状になります。いったんこれを捨てて材料を全部入れ、フラッシュスイッチを2, 3回。夜なのでちょっと音が気になるけどね。

今回はちゃんとシャーベット状になってくれました。 もう少し固めで、グラスに盛り上がるような感じの方がいいかなとも思うけど(次回の課題)。すぐ飲むにはこれくらいでいいかな。ただ、作ってから気がついたらストローが無い(笑)。

あわてて戸棚を探して、紙パック飲料にくっついているような細いストローを見つけて使いましたが、少し太めのストローを買っておかなくちゃな。

きょうのロクロ。今度は飯茶碗を作ることにしました。今日の成果は、残っていた信楽の手びねり土を使って7個。手前の分厚いのは削る時に使うシッタの頭で、例の植木鉢の上に固定して使います。

2011年7月18日月曜日

湯のみ100個成型完了

先週の月〜水曜日の間は勤務先の専門学校の研修旅行で長野へ。その間、水引きして削りを待つ6個の湯のみを乾燥し過ぎないようにビニールでくるんでおいて、ロクロに据えたシッタもそのまま使えるようにビニールをかぶせておいて、水曜夕方に帰るなりすぐ削り。

この削りが終わったところで、今回作成した湯のみの数が100個を超えました。まだ大きさや形はばらつきが目だちますが、削りに慣れたのが大きな収穫かな。削りに対して持っていた苦手感が無くなりました。削りって、楽しい(笑)。


小型の電気窯DMT-01で素焼き。焼成にはデフォルトで用意されている素焼き用のプログラム(700°)を使用しました。写真は窯詰めされた庫内の様子。今回は器の高さにばらつきがあったので二段にして、上の隙間にいくつか横にして重ねています。

小さな窯だけど、今回の素焼きでは21個の湯のみが入りました。背が低めのものを集めて3段に詰めると25個くらい入ります。

2011年7月10日日曜日

ニラ餃子


今日の夕食は自家製ニラ餃子。具にニラと豚肉しか入ってません。これを茹でた水餃子にしていただきます。おかずではなく主食として、この10個入りの皿を5、6回転くらい、ひたすら餃子だけ食べます。

ニラは生で入れるのでしゃきっとした食感が残っているし、豚肉もひき肉の食感がしっかりしてます。外で食べる餃子って、具がなんだかわからないくらい細かくなっててこの食感がなくなってるのが多くて、好きじゃないんだな。

僕のアトリエになってるアパートの上の部屋には近くの工場で働く中国人の若者が住んでいます。

昼過ぎに気がついたら僕の部屋の窓際に水が溜まっていたので、上を見上げてみたら、二階の窓に取り付けられたエアコンのドレンパイプが外に出てないのを発見。どこにつなげてるのかわからないけどどうも水が壁の内側に漏れているらしい。。

二階に上がってピンポンを鳴らすと一瞬の間を置いて人の良さそうな若者がパンツ一丁でドアを開けてくれて(暑かったから水浴びでもしてたかな)あまり日本語はわからなそうだったけど、何とか水を外に出すようにと伝えました。少し開いていた台所の窓から炒め物を作ったらしいいい香りが漂っていました。

しばらくしたらパイプが窓の外に出されていたから、ちゃんと通じたんだね。水が壁を伝わないように棒でパイプを支えて水の出口を壁から少し離してありました。ありがとう。

2011年7月8日金曜日

フローズン・ダイキリ(失敗 ^^;)

フローズン・ダイキリ
ホワイト・ラム 40ml
コアントロー 10ml
レモンジュース 15ml
シュガーシロップ 10ml
角氷5個を加えてブレンダー(ミキサー)にかけ、シャーベット状にする

ジン・リッキーは夏向きとは言っても、本当に夏向きのカクテルといえば我らがヘミングウェイが大好きだったというフローズン・ダイキリですね。…というわけで、ついに、というか、やっとミキサーを買ったわけです。

でもね、扱いに慣れてなくてもたもたしてたらシャーベットを通り越して氷が溶け過ぎてしまって、詰まった時の予備も加えて2本のストローを添えるのが本式ですが、そんな必要もなくなっちゃいました。普通に飲めます^^;)。

今日は妻が夜勤で留守なので、失敗した事は知らん顔して、明日にでもキチンとシャーベット状のフローズン・ダイキリを作ることにしましょう。

でも失敗ではありましたが、おいしくいただきました。まさに夏向きのカクテルです。これ、店だと手間をかけるのが悪くて何となく注文しにくかったりするんですが、もうこれからはいつでもOK。

ブレンダーは、これも数千円から10万を超えるものまでいろいろありますが、使用頻度を考えて3,780円のTESCOM製にしました。

2011年7月5日火曜日

ジンリッキー


ジン・リッキー
ジン 45ml、ライム 1/6個、ソーダ
ビルド

バーテンダーvol.13の「奇数のサービス」に登場する夏向きのカクテル。蒸し暑い日が続くのでむしょうに飲みたくなりました。

黄色いマドラーはたぶん妻が子どもの頃からあったトムとジェリーのイラスト付き。このカクテルにはマドラーが欠かせないとのことなので戸棚から探し出したんですけどね、「ライムをマドラーでつぶして自分好みの味を作る」と言ってもなかなか難しい。氷が多いとマドラーが動かせないし、少ないとライムが浮かんでしまって押さえにくい…。

でもライムのちょっとスパイシーな風味が効いてさっぱりとした、こんな暑苦しい夜にはぴったりのドリンクです。

今夜は仕事の帰りがちょっと遅くなったんだけど、夕食後9時半過ぎからアトリエへ。昨日作った21個の湯のみを削って部屋に戻って来たら11時半。以前は苦手だったこの「削り」が最近は楽しくなってきました。100個まで、あと11個。

仕事といえば、このところ雑用が多くて、本来の仕事ができやしない。とは言っても、職場的には◯◯が本来の業務でこういう雑用はおまけ、というわけでもないんだね…まぁわかっちゃいるんだけど、今一モチベーションが(笑)。

2011年7月3日日曜日

自宅陶芸工房の排水処理

アイリスオーヤマ バックルコンテナ BL-21 クリア ¥1,280

僕の場合はアパートをまるまる陶芸に使えるので恵まれている方だと思うけど、自宅で陶芸をやろうとすると最大の問題になるのが排水処理でしょう。粘土や釉薬を含んだ泥水をそのまま流すわけにはいきません。

市販の陶芸用排水トラップもありますが、高価だしショップの写真を見る限りどの程度の効果なのかわからない。。

で、どうするかということで、今のところ、
  1. 流しのシンク内に置いたコンテナの中で汚れ物をすべて洗う。
  2. コンテナ内の泥水をポリバケツに移す。
  3. 土が沈殿したら透明な上澄み水のみ捨てる。
  4. ポリバケツに乗っけたプラスチックのザル(台所用品)にさらしを二重にしてかけたものの中に残った泥をあける。
  5. ポリバケツにたまった透明な水を捨てる。
という原始的な方法でやっています。ザルで漉されて残った泥は乾かして廃棄処理です。コンテナ内の泥水をバケツに移す際、ひとつまみの石膏をパラパラと入れてやると沈殿が促進されます。

沈殿用のポリバケツとフィルター装置(奥)。はじめのうちフィルター素材に重ねた新聞紙を使っていたけど濾過にすごく時間がかかるのでサラシに変えました。

2011年7月1日金曜日

揚雲雀(あげひばり)

> 青空の中に吸い込まれるように高く上がっていく
> 揚雲雀(あげひばり)を眺めているのは大好きです。 
窓辺の小太郎:揚雲雀 あげひばり より

仕事場から出るのが午後7時頃になっても今は外が明るくていいですね。さあこれから何をしようかっていう気になります。でもここんところジムには行ってなくて、水泳もずいぶん間があいてしまいました。最近夜はアトリエにいることが多くなっています。

学校の入っているビルを出て少し離れた駐車場に向かう途中、ヒバリのさえずりが上の方から聞こえてきました。昨日も同じように聞こえてたなと思いながら見上げると、空のほとんど昨日と同じ位置で茶色っぽい小鳥が一羽「必死!」という感じで羽ばたいています。

高いところを飛ぶといってもツバメみたいにスマートじゃなくて、もう重力に逆らって必死に浮かんでいるという感じ。

ヒバリって「スズメ目」なんだね。スズメの仲間という事でいいのかな?

繁殖期にこの、高く飛びながらさえずり続けるという行動をするらしいので、近くに巣があるのかもしれません。同じ場所で鳴いてるし。

しかし、この小さな鳥が、すごい声を出すねぇ。。

フェデラーが負けた

硬式テニスを始めたのは高校生になって。軟式をやっていた中学生の時からあこがれていて、当時世界に33人しかいなかったプロ選手の名前を全部生徒手帳に書いていました。そのころのアイドルはアーサー・アッシュかな。

高校入学と同時に硬式テニス部に入ったんだけど、夏休みが終わるころに退部。2年になって山岳部に入りました。山岳部といってもせいぜい夏の北アルプスを縦走するくらいでしたが、これが大学で山岳部に入って岩なんか始めるきっかけにはなっていたのかな。…ともあれしばらくテニスからは遠ざかったわけです。

大学を卒業してから時々またテニスをするようになって、自己流ですが、そのころのアイドル、ビヨン・ボルグに影響されてトップスピンを打つようになり、バックハンドを両手で打つようになりました。

以来何十年とバックは両手で打っていたのに数年前から片手打ちをするようになったんですね、そのお手本がロジャー・フェデラー(一番好きなのはアンディ・ロディックで彼は両手打ちバックなんだけど)。

サンプラスもそうだけどフェデラーも憎らしい程強かったなあ。さすがにここ2, 3年、以前ほど勝てなくなっては来たけど、やっぱり偉大な王者で、決勝戦でのナダルとの死闘を待ち望んでいた…のに、ツォンガに逆転で負けてしまいました(昨夜のウインブルドン準々決勝)。

たかが一回の負けなんだけど、なんだか世代交代を感じる。