2011年7月18日月曜日

湯のみ100個成型完了

先週の月〜水曜日の間は勤務先の専門学校の研修旅行で長野へ。その間、水引きして削りを待つ6個の湯のみを乾燥し過ぎないようにビニールでくるんでおいて、ロクロに据えたシッタもそのまま使えるようにビニールをかぶせておいて、水曜夕方に帰るなりすぐ削り。

この削りが終わったところで、今回作成した湯のみの数が100個を超えました。まだ大きさや形はばらつきが目だちますが、削りに慣れたのが大きな収穫かな。削りに対して持っていた苦手感が無くなりました。削りって、楽しい(笑)。


小型の電気窯DMT-01で素焼き。焼成にはデフォルトで用意されている素焼き用のプログラム(700°)を使用しました。写真は窯詰めされた庫内の様子。今回は器の高さにばらつきがあったので二段にして、上の隙間にいくつか横にして重ねています。

小さな窯だけど、今回の素焼きでは21個の湯のみが入りました。背が低めのものを集めて3段に詰めると25個くらい入ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿