2011年8月31日水曜日

尺皿にもう一歩


そそくさと帰宅して夕食後、今日のロクロは赤土で尺皿2点。と、きっぱり言いたい所だけどこれが直径29cm、惜しい所で今日も尺に届かなかった。残念。

しかも2点目は、皿の縁がダランとたれ下がりはしなかったものの、きわどい所で踏みとどまったという感じ…土が柔らかかったのかな。こういう皿を挽くときは、土は少々固めがいいのかも。

で、意図した所よりかなり浅い皿になってしまったので、四方を指で持ち上げて花の形にしてみました。土が柔らかいうちは曲げた所が戻りやすいので粘土で簡単なつっかい棒を作って支えてあります。本焼きに耐えるかどうか心配ですが。

苦肉の策ですね。ただ、そのカーブがいい感じで、これはこれで、いくつか同様のものを作りたくなりました。

情熱


勤務している専門学校にはいろんな若者がやって来ます。デザイン系のコースを担当しているので基本的に絵を描くことが好きな学生が多いんですが、たまに、うまいへたという次元を超えた異才が現れます。

この写真のゲームの駒のような紙の作品もそんなひとりが家で作って持って来てくれたもの。大きさは5cm角くらいかな、厚紙を何枚も精密に重ねて5mmくらいの厚みにしています。で、そこに描かれた複雑な文字。。すごい情熱です。人に見せるとか、売るとかいうことを全く考えずに自分の世界に没頭している姿が目にうかびます。


僕もそんな風に陶芸に取り組みたいなと思いました。

2011年8月26日金曜日

Worthy Is The Lamb



どうしてもやる気が出ない時があって、そんな時ギター…といってもおもちゃみたいなアリアのSinsonidoを引っ張り出して、好きなゴスペルの曲を歌ったりします。夜なので小さな声でね。

コードも簡単なのしか押さえられないし、またこのナイロン弦っていうのが押さえやすいわけでもなくて、なかなか残念な^^;)演奏ですが、そんなことをしているうちに何となく気持ちが晴れて来るんです。

今日がその日だったわけで、先日載せた "You Raise Me Up" と、この "Worthy Is The Lamb" を延々とやっていました。Worthy..のオリジナルはこのヒルソングだと思いますが、Brooklyn Tabernacle Choir版もあって、歌詞の中の単語がひとつ違うんですね。

天国のいとしい人/Darling of Heaven (Hillsong) か、天国の宝/Treasure of Heaven (Brooklyn) か…

うちのクワイヤーで練習して、僕が覚えているのは "Treasure"の方。今週から電車通勤しているので、短いとはいえ通勤時間中に歌詞を覚えたりできるのがいいですね。十字架を背負ったイエスとか、情景を想像しながらね。

やっと、さきほど12時近くなって、昨夜ロクロ挽きした大皿(というか、鉢)2点の乾燥ぐあいを見てきました(まだ底の部分がちょっと柔らかい)。この乾燥具合のタイミングを間違えると高台削りがうまくいかなくなってしまいます。

この二つは直径約28cmなんですが、30cm超えが当面の目標です。練習しておいて来月の教室の日には30cmを余裕でクリアできるようにしたいな。

2011年8月22日月曜日

You Raise Me Up



帰宅したら昨日Amazonで注文したコールマンのガソリンランタン用のグローブ(ホヤ)とマントルのスペアが届いていました。このコールマン製『デュアル フュエル パワーハウスランタン』は16, 7年前にアメリカのLLbeanから購入(個人輸入ですな)したもので、本体はびくともしてないんだけど、先日のキャンプの3日目の明け方誤ってグローブを割ってしまったんです。

Webで交換用のパーツを探してみたら、いくつかのショップにあったんだけど、嬉しかったのはランタンの説明書に指定されてたのとは型番はちょっとちがうけど同じサイズのがAmazonにもあったこと。他と値段はそうかわらなくても送料がかからないからね。

何年たってもこうしてスペアパーツが手に入るってのはいいですね。スポーツスター ストーブもまだまだ現役だし。

それにしても、こんなものまでAmazonで買えるようになったんだなと、しばし感慨(笑)が。A to Zというか、ほんとにアマゾンの密林みたいな巨大ショップになってしまったんですね。当初の本とCDしかなかった時代からこれを目指してたのかな?

ところで勤務地が福井駅前になったので今日からは久々の電車通勤(15年ぶりくらい?)。っても東京の頃と違って、乗車時間10分…徒歩、待ち時間等入れてのドアツードアでも25分くらいですが。

これが中々気分いいんです。乗車時間の10分っていうのは読書には短すぎるかもしれないけど、車通勤と違って何かできるしね。今日はゴスペルの歌詞の確認をしていました。それが「You Raise Me Up」。この曲ポップスとして歌われていますが、歌詞をみるとYouはJesusとしか思えないですね。

どこかにも書いたけど、昔ロッククライミングに熱中していた頃パートナーについて感じていたこととダブって、この歌詞はとても共感できるんです。

メロディもシンプルできれいだし、こういう曲に出会うとアコースティック・ギターで弾き語りとかしたくなっちゃうんだよなぁ。いや、今ギターは買いませんけどね。。



カメ板を作ってみる



先日、感光機の台と棚を作る為の材料を買った時に、余った約30cm×90cmのコンパネ(耐水合板)を3等分にカットしてもらっておいたんですが、その板の角をノコギリで落として、八角形の「カメ板」にし、これを使って大きめの皿(直径25cm)を作ってみました。



カメ板を使って水挽きするのは初めてで、まず板をターンテーブルにしっかり固定できるのかどうかが心配だったんですが、

  1. 粘土で太さ3cmほどのヒモを作りターンテーブル上に大きく輪を作る
  2. そのヒモをターンテーブルに圧着
  3. ターンテーブルを回しながら弓で粘土の表面を切って粘土の高さを一定にする
  4. 表面を湿らせたカメ板を載せ圧着
という手順でやってみたところ、皿を挽いている間も全く不安は無くガッチリと固定されていました。カメ板も市販のものはけっこう高いので(そのかわり固定するためにいろいろ工夫されていたりしますが)、この程度の物で充分使えると分かって大助かりです。

2011年8月20日土曜日

2泊3日の六呂師キャンプで、夏休み終了



今年も8月に2泊3日の日程がとれて、また福井県内の六呂師高原温泉キャンプグラウンドに行って来ました。妻が夜勤明けの日に出発という最近のパターンです。

キャンプ場の中で最も奥まった所にあるこの場所がお気に入りのテントサイト。広いし、テントから見える景色がいいんです。奥の方に見える斜面は六呂師スキー場。すぐ目の前にちいさな小川があるのもポイントです。まわりの木立からは今年もウグイスの声が聞こえていました。



これが愛用の、ロッジ型テント「デイラ」(小川テント)。でかい、重い、設営たいへん^^;)。でも快適で、少なくとも2泊できないとキャンプに来ないのは、このテントを使いたいから。

今回も最終日の撤収時は晴れていてほとんど乾いた状態でテントを収納できてラッキーでした。後で聞いたら初日はこの辺に大雨警報が出ていたとのこと。

確かに初日の夜はけっこう強い雨が降ったんだけど、これまでの年みたいに激しい雷は鳴らなかったし、このテントサイトが良くて激しい雨でもテント内に水が流れ込むということがなかったので、あまり気にならなくて。

二日目の夜は涼しくて穏やかだったし、まぁ、今年もいいキャンプでした。で、何をしてたかというと、何もしないでボーッとしてただけ。何回もキャンプ場内の温泉につかりながら…まるで湯治です。



ほんとは、あと1泊はのんびりしたいんだけどね、日曜日は僕は午後、妻は一日仕事なのでしょうがない。帰りに違う角度から見た六呂師スキー場には(上の写真では小さくて分かりにくいけど)放牧された牛がのんびり寝そべっていました。




2011年8月17日水曜日

DIYな一日。台と棚を作る。



今日は朝一番(といっても10時だけど)でホームセンターに行って、ここのところ作りたいと思っていた台と棚の材料、それから以前作った作品乾燥棚の棚追加用の材料を買い込みました。

3650mmのツーバイフォー材4本と1800mmのホワイトウッド30mm×40mm材6本、それから900mm×1800mm×12mmのコンパネ4枚。黒のイレクターパイプ1500mmを2本。

以上をホームセンターの工作室で指定したサイズにカットしてもらったのが上の写真です。巨大なパネルソーを操作し、けっこう細かいサイズ指定に丁寧に対応してくれた係の人、ありがとうございました。パネルソー、真っすぐ切れていいなぁ^^;)

カット代600円込みで〆て11,756円なり。



この材料で作ったのがまず、自作のシルクスクリーン製版用感光機をのせる台。この感光機、重いしでかいし、もしかしたらもう使わないかもしれないんだけど、自分で作って何度も使って来たから捨てる気にならないんです。。



それからこの棚を2つ。棚というより、部屋の中でロクロの置いてある板張りの部分と、その隣の畳敷きの部分を分ける衝立みたいなものが欲しいなと思っていたので畳の方からは棚として使える形にしたんです。構造は簡単だけど部品が全部コンパネと30×40材なのでけっこう頑丈です。



で、台ができあがって感光機を載せたところ。台の下に並んでいるのはシルクスクリーンの木枠です。



ふたつ並べた棚は、ロクロの方からみるとこんな感じの仕切りになります。天板の幅は450mmあるので作品をディスプレイするスペースになります。反対側は棚なので、これで最近モノがあふれていたこの部屋もだいぶ片付くでしょう。

この作業をしていた我がアトリエ、窓は開けていたんだけど、今日は風が全然通らなくてけっこう汗をかきました。






フローズン・キウィ・ダイキリ 


フローズン・キウィ・ダイキリ
ホワイト・ラム 45ml、レモンジュース 15ml、シュガーシロップ 10ml、フレッシュ・ゴールドキウィ 1/2個、角氷 数個
すべての材料をバー・ブレンダー(ミキサー)にかけてシャーベット状にする

今日はテニスはなかったけどDIY作業で汗をかいたのでフローズン・バナナ・ダイキリを作ろうと台所に行ったらなんとバナナが無い。。

そういえば今朝妻がバナナシェークを作っていたんでした。あれでおしまいだったのか。
で、急きょ冷蔵庫を探して見つけたゴールドキウィを使いました。うん、おいしい^^)。

ミキサーを使うのもそうめんどうで無くなって来たので、いろいろ試してみたい…フレッシュの桃でベリーニとかも良さそうだね。

2011年8月15日月曜日

高齢化?


今朝テニスに行こうと車に乗ったらなんと雨。でもいつものコートに着いてしばらく待っていると雨は止んでプレーできるようになりました。ここのコートは水はけが良くて、降り止んだらすぐプレーできるんです。

雲のおかげで昨日までと違って焼け付くような日差しじゃないんだけど、湿度が高くてまるでミストサウナに入っているみたいに息苦しい。多少暑くてもカラッとしてるほうがいいなぁなどと、勝手なものです^^;)。それでも炎天下でのプレーに比べれば楽だったかな。

調子は…ここのところ良くなっていたサーブが今日は最悪。でも悪い事ばかりじゃなくて、シングルハンドでのバックのトップスピンはいい感じで打てました。 この感覚を定着させたい!

今日集まったのは平日なので少なめの5人でしたが、なんとこの中では僕が最年少です(笑)。クラブ全体では30代の人もいるんだけど、40〜50代がメインかな。着実に高齢化が進んでいますね(笑)。今日も来ていた、最年長のN先生は確か70代!

中高年といってもポーンポーンと高いロブの打ち合いなんていうのはほとんど無く、皆さんなかなか攻撃的です。僕も全力でやらないとなかなか勝てないし、今日見たいにサーブの調子が悪かったり弱気になると簡単に負けます。

でも年上の人達が元気っていうのは自分にとっても励みになりますね。

2011年8月14日日曜日

2リットル


今朝も昨日以上の炎天下でテニス。この時期のテニスは大量に汗をかくので練習や試合の合間にとにかく冷たい飲み物を良く飲みます。この写真は今日飲んだボトル。試合の間の待ち時間に1本ずつっていう感じですね。

これでトータル2,100mlの水分を摂っているわけですが、それでも家に帰って体重計に乗ってみると行く前より軽く1kgくらいは減っていたりするので、どれだけ汗をかいているかってことですね。

以前はコートの近くのコンビニに1.5Lや2Lのドリンクを買いに行っていたんだけど、すぐ温まってしまうのと、わずかな距離ながら道路を横断して店まで行くのがめんどうで、コート横に自販機が出来てからはもっぱらこれを利用するようになりました。

まぁ便利だけどこれじゃ不経済ですね。本当は粉末のスポーツドリンクを家で作って持ってけばいいんだけど、ついめんどうで。でも先日片付けをしていたらコールマンの2L入りの保温ジャーが出て来たのでこれを使おうかな。

2011年8月13日土曜日

三ツ矢サイダー

オレンジ・スカッシュ
ウォッカ 45ml、オレンジジュース 90ml、三ツ矢サイダー 適量(フルアップ)
ビルド

手軽にスクリュードライバーを作ろうと思ったんだけど、軽めに仕上げたいと思って冷蔵庫にあった三ツ矢サイダーを加えてみたら、さっぱりといい感じ。特にこんな暑い時期にはおいしいですね。名前は適当です^^;)が、三ツ矢サイダーの懐かしい感じに合ってるかな。

ソーダやトニックウォーターはいつも冷蔵庫にあるわけじゃないけど、この三ツ矢サイダーは同居の義母が好きなのでたいてい箱で買ってあるんです。 で、妻が時々カシス・リキュールをこれで割って飲んだりしてます。名前は無いけどこれもカクテルでしょう。

カシス以外にもいろんなリキュールで試してみたいですね。リキュールはもちろんカクテルの材料用に揃えてあるんですが、アイスコーヒーにクリームの代わりにベイリーズを浮かべてみたりといったように、いろいろ気軽に使ってみればいいんですよね。もちろん単体で飲んだり。

今日から9日間の休みになります。毎年夏休みは午前中テニス、炎天下で疲れるのでちょっと昼寝して午後は何かやりたかったこと、という毎日ですね。そのうち3日間は六呂師高原温泉キャンプ場でのんびり過ごします。

今朝のテニスは肩を痛めた昨年の秋以来久々にサーブが好調。まだ痛みは少し残るものの、何本かエースもとることができ、気持ちよく帰宅。さい先良い夏休みのスタートです。

2011年8月12日金曜日

コールド・デック

コールド・デック
ブランデー 30ml、ホワイト・ペパーミント 15ml、スウィート・ベルモット 15ml
ステア

またまた暑い一日。今日も引越し作業モードでTシャツとボロジーンズ姿での出勤でしたが、もうあまり力仕事は無く、データ整理や紙資料のPDF化といった個人的なデスクワークがメインでした。

引越し先の新しいビルの職員室では個人の資料等を収納するスペースがこれまでより少ないのに加えてデスクトップに本立てを置くのも禁止、帰宅時にはノートPCも机の上から撤去して袖引き出しにしまって机の上をクリアにしなくてはいけないという…使い勝手より見た目重視という方針なんですね。

まぁそういうルールなのでしょうがない。一つしか無い3段の袖引き出しに全ての資料を納め、PCまでそこに収納しないといけないので、自前のスキャナ、キャノンの「DR-150」を持ち込んで、紙の資料をひたすらスキャンしていました。スキャンしたデータはPDF化してEvernoteに送ります。

こうしてエバーノートに送った資料の原本を廃棄して、引き出しの中に何とかPCを収納できそうなスペースを確保できました。

小冊子もバラしてスキャンします。自炊ですな…やってみるとこの作業、けっこう楽しいね。 Evernoteに入れておくとスキャンした画像内の文字を検索できるから、そのまま紙の文書で置いておくより便利じゃないかな。

2011年8月9日火曜日

福井駅前


作業の合間に12階から見たJR福井駅周辺の風景。手前が西口です。
きょうは今年の立秋ということですが、暑い一日でした。

福井の海岸風景をモチーフにした今のデザインになる前、この駅の3, 4階はホテルになっていて、大昔、僕が中学生の頃かなあ、小さな弟を連れて会いに来てくれた母がそこに泊まっていたんでした。 いまだに福井駅というとそんなことを思い出します。

今日の午後は福井駅前に完成した新しいビルで次々に運び込まれる機器や荷物の設置と整理をしていました。今日は作業モードなので各自ジャージやTシャツ姿です。今週が引越しの山ですね。

明日は人間ドックなので、今夜9時以降は飲食禁止。ってことで、なんか何もやる気になりません。まぁ明日も午後は荷物の整理なんかで汗をかくことになるでしょうから、早めに寝ないとね。

2011年8月8日月曜日

サマーフェスタ


今日の出番の後、教会の前で行われたバーベキューパーティーにて。目を隠してあるのは美人スタッフOさん。数ヶ月前に脚を複雑骨折して、まだ完治していないので片足を椅子の上に乗っけています。右側はジャマイカから来ている、クワイヤーメンバーでもあるJさん。

今日はゴスペルクワイヤーのある教会、ブンキョー・ゴスペルセンターがある田原町の夏祭り「サマーフェスタ」の日。ステージの第一弾で我々のクワイヤー「One Voice SDG」も出演しました。夕方とはいえ5時じゃまだ日差しも強くて、それを正面からあびて、汗だくになりながらのステージ。

実は福井市の夏祭り「フェニックス祭り」も—昨日からやっていて昨日はそちらのステージにも出たんだけど、そっちの方は返しの音が聞こえなかったりして全然満足できない出来でした。でも今日はステージは狭かったけど、楽しく歌えました。構成は昨日と同じ4曲で間にお祈りなどを入れながら「How Great Is Our God」「小さな祈り」「You Are Holy (Prince Of Peace)」「My Life Is In Your Hands」です。

このうち「小さな祈り」は全部日本語。あとの3曲は日本語と英語を織り交ぜてというアレンジです。これね、ゴスペルって英語で歌われることが多いと思うんだけど、言葉が伝わらなくちゃ意味がないので、このクワイヤーの方針は大賛成なんです。

その辺が、前に参加していたクワイヤーを辞めたきっかけかもしれない。いや、その団体のレベルに付いて行けなかったのが本音ですが^^;)、英語で楽しく、カッコ良く歌ってもメッセージは伝わらないよな…と思うようになったのは確かです。

ゴスペルのメッセージって?って素直に考えると、それが無いところに違和感を感じるようになったんですね。…もともとは「Sister Acts 2」を観て「楽しそう!」と思って始めたのが僕のゴスペルですから、偉そうな事は言えませんが^^;;)、自分自身変化した部分ではあります。


同じくBBQパーティーの様子。必死に肉を焼いてくれている美声のMさん、歌にギターにお疲れさまでした。


8時半頃帰宅して、昨日届いていた3本のスパークリングワインの内冷やしてあった1本を開けました。瓶に巻いてあるのは冷凍庫で冷やして使うスパークリングワインクーラー。

まぁアイスノンですな。京橋ワインリカーショップのスパークリングワイン3本セットにおまけとして付いて来たものです。で、あとの2本は…今年もお盆の後、何とか妻と予定が合ってまた六呂師高原温泉キャンプ場に行くことにしたので、その時持って行こうというわけです。

2011年8月6日土曜日

ソルティ・ドッグ

ソルティ・ドッグ
ウォッカ 45ml、グレープフルーツ・ジュース 適量
塩でスノースタイルにしたグラスにウォッカを注ぎ、グレープフルーツ・ジュースでフルアップ
ビルド

日中はビルの中なので暑さもそれほど感じないんですが、帰宅してしばらくアトリエで粘土の再生作業や掃除をしてたら汗だくになってしまいました。アトリエにはエアコンがないし網戸もついてないから夜は窓を開けるわけにいかないしね。それにしても、だんだん物が増えて来て、いよいよ道具類を整理する棚を作らないと収拾がつかない感じになって来ました。

今職場の引越し作業中で、おそらく廃棄処分されるスチール棚はいっぱいあるんだけど、大きくて僕の車じゃ運べないし、この部屋にスチールって雰囲気でもないしなぁ。またツーバイフォー材とコンパネで作るか。。

シャワーを浴びて冷蔵庫を覗いてみたらグレープフルーツが1個あったのでソルティ・ドッグを作りました。グレープフルーツはルビーです。

塩分の取り過ぎが良くないと、塩無しにしたり半周だけ塩を付けたりもしますが、やっぱりこういう季節にはグラスの縁にフルに塩を付けた本来のスタイルがいいですね。グレープフルーツの酸味と塩っけが汗をかいた身体にはちょうどいい感じです。

2011年8月4日木曜日

移転



もう使えなくなった、これまでの校舎の実習室の様子

昨夜(3日)は、今日のセレモニーのリハーサルを終えて帰宅し、夕食を食べたら眠気に耐えられずそのままベッドに倒れ込んで…変な夢を見て気がついたらこんな中途半端な時刻。

外国の山に登っていたはずが降りて来たら日本(東北のどこか)の小さな駅で、ものすごく複雑な自動販売機にキレそうになりながらも駅員さんの助けもあってギリギリで列車に乗り込んでやれやれ…というところで目が覚めたわけですが、なんじゃこりゃ。

先週から作っていた動画は今日のセレモニーで上映する全職員紹介の映像で、会場となるホテルでのリハーサルでも無事上映できてやれやれというところです。

引越し準備中で職場の機材が使えるかどうかわからなかったので自前のMacBookにMotion + Final Cut Pro + Compressorを急きょインストールして使い方も調べながらの作業でした。After Effects + Premierを入れるには予算もスペックも不安だったから^^;)

メモリの増設も含めて予定外の出費ではあったけど、前から興味のあったソフトのちょうどいい勉強の機会になったね。

写真を素材にMotionで作った映像二つをFinal Cut Proでつないで音も入れて、これをCompressorで書き出したMpeg4ファイルを、最後はKeynoteでスライドに貼付けて使用、という手順。Mpeg4への書き出しにかかる時間の長さにびっくりしたけど。

今日のセレモニーは新校舎の竣功式。これでいよいよ長年親しんだ今の校舎とお別れです。

2011年8月3日水曜日

フローズン・コーヒー

フローズン・コーヒー
ティア・マリア 45ml
アイスキューブ 6, 7個
上記材料をミキサーにかけてシャーベット状になったらグラスに注ぐ

実際のところ材料の分量は適当で、目分量でティア・マリアをミキサーに注ぎ、氷をすこしずつ追加しながらフラッシュボタンを押して氷を砕きます(一度に全部入れるとこの非力なミキサーは止まっちゃうんです^^;)。

カルーアがほとんど空になっていたので今日はティア・マリア。まぁコーヒーリキュールならなんでもいいです。リキュールと氷をミキサーでシャーベット状にするだけの超簡単レシピですが、暑い日の夜にはいいですね。

今日は帰宅後やっと玄関に置きっぱなしになっていた粘土の箱をアトリエに運びました。夜もアトリエ内は暑いので作業は朝にすることにして早めに寝よう…というわけで寝る前の一杯です。

2011年8月1日月曜日

ネット離れの一週間


気がついたら前回(7月24日深夜)の投稿から1週間たってしまいました。24日に水挽きした飯茶碗を翌月曜日の早朝に削ったのがこれ。ちょうどこれで手持の粘土が底をついたのと、26日以降の夜は今週のイベントで使用する動画(モーション・グラフィックス)を作成するのにかかりきりになっていたためアトリエに入っていませんでした。その間に新しい粘土だけ発注しておいて…


で、金曜日に届いた粘土の箱がまだ家の玄関に積んだままです。今日のプレゼンを終えて一応動画も完成のメドがたったので、明朝にでもこれをアトリエに運び込んで次の制作に取りかかろうかな。

この箱、1個が10kgの粘土の塊が全部で5個入っています。ほんとは10本くらい発注したいんだけど、運ぶ人も大変だなあとつい遠慮したりして(笑)。宅急便の人も大変だと思うけど、自分でも不用意に持ち上げてギックリ腰なんてならないようにしないとね。

ここで腰なんか傷めたら長引きそうだしいろいろ影響が大きいです。いい年だもんなぁ。でもこの年になっても運動面で衰えるだけかというとそうでもなくて、毎週やってるテニスでもやっぱり少しずつ進歩してる面がちゃんとあったりするから面白い。

こんな1週間、Twitterも全然見ていませんでした。