2011年8月31日水曜日

情熱


勤務している専門学校にはいろんな若者がやって来ます。デザイン系のコースを担当しているので基本的に絵を描くことが好きな学生が多いんですが、たまに、うまいへたという次元を超えた異才が現れます。

この写真のゲームの駒のような紙の作品もそんなひとりが家で作って持って来てくれたもの。大きさは5cm角くらいかな、厚紙を何枚も精密に重ねて5mmくらいの厚みにしています。で、そこに描かれた複雑な文字。。すごい情熱です。人に見せるとか、売るとかいうことを全く考えずに自分の世界に没頭している姿が目にうかびます。


僕もそんな風に陶芸に取り組みたいなと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿