2011年12月6日火曜日

落とし穴

帰りが午後9時を過ぎると、1階のキッチンに隣接する部屋でお義母さんが就寝するので、夕食は2階の自分の部屋へ持って上がって食べる事にしています。

今日のサラダはアボカド入りですね。でもいつもだいたいこんな感じで、緑の野菜の下には生のタマネギのスライスがびっしり入っています。どっちかっていうとタマネギが主役かも。

タマネギは水にさらしたりしていないのでちょっぴり辛めかな、これにクレイジーソルトとオリーブオイルをかけて食べるわけで、たまに今日みたいにアボカドが入ったり、年に数回^^;)ハードチーズのパルミジャーノ・レジャーノを削ってかけたりしますが、タマネギ+ありあわせの緑黄色野菜ってのは変わらない、ほぼ365日ワンパターンですね。

左端のご飯はちょっと赤飯みたいにも見えるけど普通の白米に紫色の古代米を少量混ぜたもの。いつからだろう?ここ数年ずっとこれを食べてるような気がします。その上に乗ってるのは最近お気に入りの、ピリっとするサンショウの実(…の佃煮?のようなもの)。

真ん中にあるのが、ウチ流ポークビーンズ。豚肉と豆とタマネギのトマト煮込みといったところで、僕の大好物なんですね。妻が夜勤でいない時はよくこれが作ってあったりします。昨夜がその夜勤の日だったので、二日連続のメニューというわけですが、これなら何日連続でもOKです。

…で、今は食事も終わって、気がかりだった件も解決して、ほっとしているところなんです。

先週、学校のイベントで撮影した1500枚ほどの写真、それが2枚のSDカードに記録されていたんですが、2枚目のカードのデータをカメラからPCに転送し損ねたまま、それに気づかずにカードを消去してしまってたんです。気づいたのが写真を整理しようとした今日。

写真が半分しかPCに無いことに気づいたときは一瞬くらっときましたね。とりあえず事態を報告しておいて、データの復元を試みたわけですが、学校ではうまくいかず、学校のカードリーダーが古いせいで新しい大容量のカードを認識させられないと考えて、家に持ち帰って新しいリーダーで試したわけです。

USBポートにカードリーダーを繋いだ時、学校でやった時と違ってPCのマイコンピュータ上にカメラと同名のドライブ名がドライブレター付きで表示されたときは嬉しかったですね。期待通りその後復元ソフトを使ってスムーズにすべての写真を復元することができました。

おもわず神様に感謝しましたよ。このCardRecoveryというソフトはWin専用で有料ですが、ネットで入手できてインストールも復元操作も非常に簡単で助かりました。データの復元が可能かどうかのチェックまでは無料版ででき、復元データを確認後にネット経由でライセンスを購入するとそのままデータを保存出来るようになる、というしくみもスマートです。

なんかね、デザイナー時代にも経験しましたが、物事がうまくいっている時って、落とし穴のように思いがけないトラブルが起こるんですね。油断かな。今回もはじめのPCへのデータ転送時にすべてのデータがコピーされているか確認を怠ったせいで面倒な事になってしまいました。

ソフト購入に支払った3,780円は勉強代です。でもこれで思いがけなく消去済みデータの復元なんていうことを初めて体験できました。これはけっこう心強いな。

0 件のコメント:

コメントを投稿