2011年12月30日金曜日

餅つき

今日は親戚の叔父さんの家で餅つきの手伝いをして来ました。写真はおじさんとその長男。後ろにいるのが次男の家族。

いなかでも今では機械を使う事がほとんどで、こんなふうに臼と杵を使ったお餅つきをする家は珍しくなってるんじゃないかと思います。

このあたり福井の中心まで4kmくらいしかないんだけど新興住宅街ではないので一軒ごとの敷地が広く、道路も細く曲がっていて車があまり通らないので、実に静かです。この静かさはいいな。小鳥の鳴き声が聞こえたので見たら前の家の庭木にスズメが鈴なりになっていました。

この家は僕が幼稚園〜中学生の間、おばあちゃんと二人で暮らした所。もちろんその当時から建物は新しくなっていて全然別の家になっていますが。

当時からずっとお餅つきは暮れの年中行事で、親戚が集まって朝暗いうちからにぎやかにやっていたんでした。僕も小さい頃から少しずつ杵を持たせてもらって、小学校の高学年にもなると一人前に一臼全部、中学の頃には何臼もつかせてもらっていました。

今は昔のように沢山作る必要もないので5, 6臼分、3時間程で終わります。僕は3臼つかせてもらいました。けっこうブランクもあるんだけど小さい頃からやっているのでコツみたいなものは忘れていませんね。

「つき入り」と言って、通常より長く水分が多く柔らかくなるまでついて、そのままちぎって大量の大根おろしと小豆の餡の中にそれぞれ投入した「おろし餅」「あんこ餅」をその場で頂き、つき立てを手で丸めた丸餅と一緒におみやげにももらって帰って来ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿