2012年1月8日日曜日

スターツールのTips

イラストレーター(Adobe Illustrator)のスターツールをキーボードと組み合わせて使うとこういう図形を簡単に作る事ができます。常識のようで意外と知られていなかったりする便利なテクニックです。
まず基本。スターツールをデフォルト状態で使うと上図左のように太った星になるのですが、まだ形が確定する前(マウスをドラッグ中)に「Altキー(Macはoptionキー)」を押すと、押している間だけ星の腕が一直線にそろうのでそのままマウスのボタンを離して確定します。

こういう形の星のほうが一般的じゃないかなと思っているので、なぜ左の形がデフォルトなのかわからないのですが。
次に同じくスターツールでドラッグ中にキーボードの矢印キーを押すと「↑」で腕の数が増え、「↓」で腕の数が減ります。メルセデスのロゴからチラシの爆弾マークまで自由自在です。

ただこれだけでは腕の長さが固定されていて不自由なので、

同じく確定前に「Ctrlキー(Macはcommandキー)」を押すと、その間だけ星形の内径(上図で赤丸のついたポイント)が固定されるので外径をドラッグすることによって自由に腕の長さを決める事が出来ます。

Ctrl (command)キーを離してドラッグすると離した時の腕の長さのままで全体が拡大縮小します。確定前であれば再びCtrl (command)キーを押してさらに長さを変えたりもとに戻したりすることができます。

さらにここでAlt (option)キーを押して上図右端の上の図形のように腕の形を変えてみたり、

一旦確定させた爆弾マークに効果(「パスの変形/パンク・膨張」)を加えてみるとまた上図右端の下の図形のようにガラっと趣を変えることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿