2012年2月4日土曜日

雪のひとひら


今週はずっと雪でしたね。今日も雪なんだけど、今は降っていませんね。峠は越したのかな。

2日程前に職場の窓から撮った写真が2枚。上の写真を撮ったときの雪は綿ぼこりのように大きな雪で「ぼたん雪」と言われているものですね。ふわふわとあちこち漂いながら降りて来てなかなか風情があります。「雪のひとひら」って感じ。

この手の雪の時はあまり心配いらないんですが、ちょっと眼を離している間に全然違う降り方になっていました。雪の粒が小ぶりになって速く一直線に落ちて来ます。こうなると積もるんですよね。

でも福井市内のこのへんで3〜40cm程度かな、しばらく雪の日が続いた割りには昔あたりまえだったように1mを超すような積雪とかにはなっていませんね。

ただ気温が低い日が続いて路面が凍りドライバーは大変だったようです。…って、電車通勤になったもんだから^^;)。

「雪のひとひら」…ポール・ギャリコ作のファンタジーです。僕の持っているのは1997年版。下の、2008年の最新版はカバーの絵が変わっていました。


雪のひとひら (新潮文庫)

0 件のコメント:

コメントを投稿