2012年2月12日日曜日

天使の贈りもの

ブラディ・メアリー
ウォッカ 45ml、レモンジュース 15ml、トマトジュース適量
ビルド

焼きたてホットケーキの朝食を食べながら「ラビット・ホール」を観に行きたいねという話をして、新聞で上映時刻を確認したら11:10の1回しかない。二人とも起きたのが9時近くだったので一瞬焦りましたが、車で15分もあれば着く距離なので充分余裕があったんでした。

出かける準備をしながらfacebookを覗いていたら、僕のホームに表示されたThe Huffington Postの見出しにホイットニー・ヒューストンが死去したとあるじゃないですか。

原因まではわからないまま家を出たのですが、一番好きな歌手なんですよね。でも何年か前に復活したはずだけどその後の事は知らなかったな。まだ48歳だったんだ。

特に好きなのは彼女が牧師の妻を演じた映画 "The Preacher's Wife"(天使の贈りもの)と、その中で歌われる" I Believe In You And Me" です。

映画の筋とは関係ないんだけど、behindという言葉が「バハインド」と発音されて「お尻」という意味で使われていて、"Your behind"(あんたのお尻)とか…そういうどーでもいい事を良く覚えてます。

「ラビット・ホール」の方はニコール・キッドマン、アーロン・エッカートというスターの共演で、ハリウッドっぽいアクションもベッドシーンも最後のキスもなくて淡々と静かなんだけど、とても面白い映画でした。日曜だというのに観客は数人でしたが^^;)。

ブラディ・メアリーは別に映画に関係あったわけじゃなくてただ飲みたかっただけ^^;;)
でも今日のではひと味足りない感じです。塩コショウやタバスコのような香辛料を加えてセロリでもマドラー代わりに添えるともっといい感じになるかな。

2 件のコメント:

  1. 私もホイットニーは大好きな女性歌手でした。
    同じ年齢・・・あまりにもショックで・・

    なんだか、悲しいものですね。
    彼女の晩年(といわざるを得ないのかな。。)を見ていると、薬物などに手を出したりで、余計に悲しい気分に
    なります。

    本当に、残念な思い・・・好きだったな。。

    返信削除
  2. そうか、同じ年齢なんだね。
    僕にとってはDIVAって言葉が一番似合う人。

    あんなに活躍した人が自分よりだいぶ年下っていうのは不思議な気がします。燃え尽きちゃったのかな。

    返信削除