2012年3月31日土曜日

映画

スコッチ・ソーダ

いわゆるハイボールなんだけどね。流行ってるらしいのは知ってるんだけど「ハイボール」っていうと父や母が若かった時代の飲み物っていうイメージを崩したくないので、外のバーでもかたくなに「スコッチ・ソーダ」とか「バーボン・ソーダ」とオーダーしてます。バカだね^^;)

今日はせっかくの休みの土曜日だって言うのにきっちり予報通りの雨。昨日は暖かかったのになーなんて言ってもしょうがないですね、午前中は家で読書、午後は近くのシネコンに映画を観に行ってきました。

「ヒューゴの不思議な発明」(原題 " HUGO ")です。僕はこれをしばらく前にブログ『ノラネコの呑んで観るシネマ』で絶賛されているのを読んでいて、是非観たいと思っていたんですが、

一緒に行った妻はそれとは関係なく前に行った映画の時の予告編なんかで面白そうと思っていたみたいです。

今日ので、今年劇場で観た映画は5本目。

明日のパスタはアルデンテ
ミッション・インポシブル4
ラビット・ホール
宇宙人ポール
ヒューゴの不思議な発明

これにDVDで観たミレニアム3部作があるから8本か。月に2, 3本ってとこですね。これまで、がんばって年に50本くらいだったから、映画は好きなんだけど観れる本数はこれくらいかな。

今日のヒューゴは映画の父と言われる実在の人物メリエスへのオマージュ…それもノラネコさんのブログを通して知ったことなんですが。この前の「宇宙人ポール」にしても、映画に詳しいともっともっと楽しめるんだろうなあと、口惜しい気持ちになりますね。

でもすごく面白かった。メリエスが活躍していた時代から100年という長いようで短い時間を経て、今こんなすごい映像を楽しむ事ができることに感動します。

飛行機もね、自転車屋のライト兄弟が地上わずか数メートルに機体を浮かべてから100年後にはロケットが月に行ったりジェット機が超音速で飛ぶようになったんだっけ。

どちらも本当に信じられないような進化を遂げているわけだけれど、もともとはそれが好きでとことん打ち込んだ人達がいたから、今の姿があるんですよね。すごいね。

2012年3月29日木曜日

カクテル三昧

明日が勤務日数の調整で休みなので、今夜はふらふらと片町へ。

まず軽く食事にエスニック風居酒屋「菜遊季」を目指して錦公園を回り込むと…あるはずの場所に名前が無くて、「蔵人(くらんど)」というお店になっています。

でも入ってみると名前が変わっただけみたいですね。カウンターには冷蔵ショーケースがあり刺身など魚介メインの和風居酒屋といった趣なんですが、とろろと具材を混ぜてグラタン風に焼き上げた「とろろ焼き」や「自家製スモークチーズ」といった菜遊季のメニューがそのままあります。

一番搾りの生ビールで魚介のとろろ焼きを頂きました。直径18cmくらいのスキレットで出て来るこれ、ふんわりとやさしい味でとてもおいしいです。しかも料理はどれも5〜800円くらいとフトコロにもやさしいのが嬉しいですね。

あとは少し歩いたところにあるバー「SOMEDAY」へ。ここは落ち着けるので気に入ってます。一人でも二人でも楽しい時間を過ごすことができます。

今日最初の一杯はラッパ型に反った曲線のカクテルグラスでサイドカー。

ついで目の前の棚にあったMIDORIのボトルについて話していた流れで「ちょと手がかかるんだけど…」と言いながらもマスターおすすめのシティ・コーラル。

塩でコーラルスタイルにしたフルート型グラスの中のやさしい緑色がきれいな一杯です。

そして最後におまかせで頼んだらキリッと辛口な仕上がりのダイキリを出してくれました。丸みがあり全体に細かい装飾が施されている珍しいグラスに入っています。

いつもはウイスキーを飲んだりもするんだけど今日はカクテル三昧。楽しい夜でした。

2012年3月28日水曜日

ビトゥイン・ザ・シーツ

ビトゥイン・ザ・シーツ
ブランデー 20ml、ホワイトラム 20ml、コアントロー 20ml、レモンジュース 1tsp
シェイク

作られた経緯はわかりませんが、レシピ的にはサイドカーのバリエーション。美味しいに決まってます^^)。レモンジュースが減った分アルコールが増えて少々強くなっていますね。

カクテルにはレディキラー・カクテルというカテゴリー(?)があって、スクリュードライバーがその代表なんて言われてますが、要はアルコールを感じなくてつい飲んでしまう…というか、知らず知らずのうちに酔わせてしまう、というようなシロモノですね。

くだらねー^^;)。だいたい、そんな風に飲ませたら酒がかわいそう。

女性でも酒を酒として美味しいと言ってくれる人と飲むのは楽しくて、そんな人ならまた一緒に飲みたくなりますが、ただアルコールで酔っぱらうだけの飲み方なら、男でも女でもご免です。

ところでこのビトゥイン・ザ・シーツ、スピリッツの半分がラムになっていて、僕にとってはラムというとキューバやプエルトリコの情熱的な女性のイメージ…

で、このネーミングだから、どうしたってセクシーなカクテルってことになるわけですが、

アルコール分は強いんですが、こういう酒を美味しいと言って楽しんでくれる女性は素敵ですね。そういう人と一緒だとこういうネーミングも気の利いた話題になるわけです。そうじゃないとシャレにならない。

そういえばFourplayにこのカクテルと同じ名前の曲があって、横浜にいる妹が好きだと言っていました。彼女もそんな飲み方ができる大事な飲み友達の一人です。

2012年3月26日月曜日

変化の季節

ここ2、3日寒いですね。これは今朝の風景。
道路は大丈夫ですが、まわりがまた白くなりました。

3月も終わりに近いというのに…というより、もう雪が降ってもこの程度で、すぐ溶けてしまいます。

毎年11〜12月になるとこれから寒くなっていやだななんて思って、同時に、3ヶ月もすれば冬も終わるんだからと自分に言い聞かせているわけですが、ことしの冬もきっちり終わりました。

この冬の間に二つの出来事、というか変化が。

ひとつは内緒^^;)

もうひとつは30年ぶりに法律の勉強を始めた事。本当のゴールはまだはっきりしないんだけど、当面の目標として来年の資格試験を目指してやってみることにしました。

僕自身にとっても新しい季節です。

2012年3月20日火曜日

最近撮った最寄り駅の風景。まわりから雪が消えました。
まだ近くのスキー場にはけっこう雪があるんだけど、晴れたらテニスに行っちゃうから、結局今シーズンはスキーに行かずじまいになりそうです。

かわりに今年は、去年一度も乗らずに終わったカヌーのお誘いがありました。4月上旬に足羽川を下るイベント「お花見カヌー」です。僕のフネはロデオ用でスピードが出ないんですが、この川下りはのんびり下るので大丈夫。さっそくOKしました。気持ちいいだろうな。

これが一ヶ月前の風景。雪はだいぶ少なくなってきていたんだけど、まだまだ冬という感じでしたね。これくらいの時期になると悩むのがいつタイヤを交換しようかということですが、3月でも雪が積もる事はあるから僕はけっこう遅くて4月までそのままのこともあります。

昨日の午後職場の窓から撮ったもの。上の方が福井駅前の広場です。
路地の日陰にももう雪はありません。これは路面に描かれた交通標識のパターンが面白いなあと思って撮った写真ですが。

今日は昼過ぎまでとてもいい天気だったので、朝のうち気温は低かったけど、テニスに、年配のN先生からの電話でいつもより30分くらい早めに出かけました。先生は急にお葬式に行く事になって早く帰らなくてはいけないからとのこと。

それでもコートにちゃんと来るのがすごいですね。76歳ですよ。ミニラリーから、ベースラインでの打ち合い、ボレー練習…と、いつものように1時間弱の練習をして、先生は帰りました。

いつもながらこの練習でけっこうバテます。汗もかいて、今日は気温は低めだったので、その後の試合の待ち時間ではじっとしていると寒さを感じました。でも冬は終わったんだなと感じたのが、帰ってシャワーを浴びる時に体重を量ると2kg近く減っていたこと。

ここのところ71kg近くをいつもさしていた体重計が69kgあたりで止まったんです。まぁ汗の分なので、すぐ元にもどるんですけどね、ちょっとうれしい。

今日はお昼近くなって、思いがけずジーンズ姿のTさんが顔を見せて、しばらく話をすることができました。彼女は午後これから別のコートで大会の為の練習をするとのことで、その前に立ち寄ってくれたんですね。

テニスが上手で尊敬しているのに加えて、先月一緒に飲む機会があって意気投合して以来、大事な飲み友達と思っているので、また是非飲みましょう(笑)。

2012年3月17日土曜日

はしご

カクテルの中ではマンハッタンが一番好きで、家でも時々作ったりしていて比較しやすいので、初めての店に行くと必ず1杯はこれを頼みます。

今日は半日仕事で3時頃職場を出たんだけど、せっかくの土曜日だし駅前に来ているのでそのまま飲みに行く事にしました。

といっても3時じゃどうしようもないので店が開き始める6時まで近くの図書館で読書です…はは、コミックス「バーテンダー」の主人公みたいだ。

まず、ちょっとお腹がすいたので串揚げの「茶がま」に初めて行ってみる事にしました。おしゃれな感じの「喜寿」と違って、ご夫婦で切り盛りするレトロな居酒屋っていう感じのお店。

注文は生ビールと串揚特選コースです。「コース」で想像する、揚げたてが一品ずつ順番に出て来て…というスタイルではなくて一皿に10本の串揚げがのっていました。そのかわりこれで700円。気軽に食べられますね。

他にも単品がいろいろあって、飲みに行く前にちょっと食べたいときには良さそうです。これから寄せてもらいます。

次に2, 3分歩いた所にある「カクテルアンドショットバー ル・クラブ」にカクテルという文字にひかれて寄り道。ここも初めてのお店です。

10席ほどのカウンターだけのこじんまりした店内で、年配の気さくなマスターと、先客も何人かいてその雰囲気はオーセンティックというより、気軽なスナックという感じ…とか思ってたら、しばらくしてからマスターの奥さんもカウンターに入って完全なスナックに(笑)。

一応ここでもマンハッタン・テスト(笑)はしたんですが、ここはそんなのよりロングドリンクや水割りでマスターや他のお客さんと話を楽しむお店ですね。お通しの小皿の一角にゆで卵が載っていました。名古屋風(謎)?

昔話などをしばらく楽しんで最後に最近行くようになった「SOMEDAY」へ。店内に入るとがらっと雰囲気が変わって落ち着きます。

今日は客が僕一人ではなかったためかマスターも控えめ(笑)で、特にカップル客にはほとんど自分から話しかけることはなくて、やっぱり気を使っているんだな。

最後に出してくれたコスモポリタン(セックス・アンド・ザ・シティで良くでてくるあれ)がきれいで美味しかったです。

2012年3月16日金曜日

セグロセキレイ

駅のホームから見上げた、電線にとまっているセグロセキレイ。

家の近所でよく見かけます。尾羽を上下させながら歩いていたり鳴き声を聞かせてくれたり。きれいな小鳥ですね。

あとスズメもかわいいね。近年数が減っているらしいけど、隣家の軒先に住み着いているみたいで近くで数羽がよく鳴いています。なかなか写真に撮るのは難しいけど。

近所にムクドリもいて、ちょっと大きめのこの鳥は単体だとかわいいんだけど、集団になるとちょっと怖い。車で10分程のところにあるショッピングモール付近の街路樹に鈴なりになってギャーギャー鳴いているムクドリの大群は、もう見慣れてしまった感じですが、困り者です。

ここに引っ越して来る前に住んでいた、もうちょっと山に近いところにあった家には、たまにウグイスやキジがやって来てたりしてましたが、さすがにこのへんでは見ないなあ。

そういえば鳥じゃないんだけど、昔夕方になるとよく飛んでいたコウモリをあまり見かけなくなった気がします。気のせいかな。夕方少し気をつけて見てみよう。

2012年3月14日水曜日

ホット・バタード・ラム・カウ

今日は仕事中急に鼻水が出たりなんだか熱っぽかったりするようになって、風邪のひきはじめかもしれない感じなので、夕食後に風邪薬を飲みました。

で、お風呂で温まったところで、大急ぎで耐熱グラスにダーク・ラムを注ぎ、冷蔵庫から出したミルクを注いで、そこにクローブを3, 4個放り込んで電子レンジへ。

途中でバターを浮かべてさらに少し加熱して、インスタントなホット・バタード・ラム・カウの出来上がりです。レンジにかけてる時の香りがいいですね。

これを飲んで今日はさっさと寝ます。

今週はプライベートでも大事な約束があるからね、風邪なんかひいてられない。

手帳と財布を忘れた

朝、駅に近い所まで歩いたところでハッとして、尻ポケットに手をやると…

案の定、財布が無い。

おまけにいつも上着の胸ポケットに入っている手帳も一緒に家に忘れて出て来てしまったことに気がついて一瞬うろたえました。

最近はこれまでより1, 2本早い電車に乗っていたのに今日に限ってまた以前のように始業ぎりぎりに着く電車なもんだから往復しても10分弱とはいえ今から取りに帰るわけにもいかないから

電車には乗れるんです。コートのポケットに定期が入っているから。それにランチも持って来ているから別にお金を使う必要は無くて、そっちの方はそう困らないんだけど、手帳が無いのにはまいった。

手帳は昨年から愛用している髙橋書店のニューダイアリー1(No.73)。合皮製の丈夫なカバーのついたいわゆるビジネス手帳です。

スーツの胸ポケットに入る大きさで、A4やB5サイズの資料も数枚なら折り畳んではさんでおける、このサイズがいいですね。紙質も薄くてしっかりしていて年齢早見表など収録された資料も必要十分。

スケジュール欄の形式もいろいろ試して結局これに落ち着きました。左ページに一週間分の予定表、右ページがフリーノートになっているタイプです。

これに、以前も書いたように、線を引いたりページの角を切ったりと若干のカスタマイズをして、重宝しているわけですが、これが今日は無い!

仕事やプライベートのスケジュールやToDo、いろんなメモ…と、すべて書いてあるこの手帳が無いと心細いことこの上ないです。

めったにないこととは言え、フェールセーフ体制を考えないと^^;)、と思いますね。

2012年3月12日月曜日

ワードをちょっと見直す

モスコミュール

今夜は寒くて駅から肩をすくめて歩いて来たのに、お風呂に入って温まったら冷たいものが飲みたくなって、

使いさしのレモンとジンジャーエールがあったので簡単にモスコミュールを作ってみました。

ところで、ワードって好きじゃなかったんですよ。余計なことばかりしてくれるわりに細かい設定ができないっていうイメージなんだけど、職場のスタンダードだからしょうがなく使ってるという感じ。

原稿ならテキストエディタが便利だし、レイアウトならInDesignがあるじゃない?って感じだったんですね。

でも今日の午後、業務上のある書類を開こうとしたら、SQLがどうとかいうメッセージがでて開けない。どうやら同僚が差し込み印刷の設定をしているんだろうなとは思ったんだけど、一瞬困りました。

ここで「いいえ」を選ぶととりあえず文書を開くことはできるとわかったのですが、ここでいつものように相手先ごとに別の文書を作りかけて、まてよと。この文書、ヘッダー部分にある宛名の部分が違うだけなんですよね。

そこでその同僚を見習って、差し込み印刷の方法を覚えてしまえば今後も楽になるなと考え直して、やり方を調べてみたわけです。

まずヘッダー部分ですが、ウィザードに従ってやるととても簡単で、

調子に乗って発送用のラベルもこれで作ろうと決めました。

ラベル用紙が有名メーカー製ではなかったのでサイズを細かく指定する必要がありましたが、Tさんが必要な数字をすべてメモしてくれていたので、それも難なくクリアできました。

ワードも便利なところがあるね。

2012年3月11日日曜日

新しいこと

サザンカンフォートのジンジャーエール割り。夕食がすき焼きで赤ワインを飲んだので、ちょっとサッパリしたいなと作ってみました。

サザンカンフォートは並行輸入のアルコール35%のもの、ジンジャーエールは辛口のウィルキンソンじゃなくて普通のスーパーにあったカナダドライなんだけど、

やっぱりソーダかトニックのほうがいいかな。スーパーにもトニックウォーターを置いてほしい。ソーダは昨今のハイボールブームのおかげか普通においてあるようになったけど、トニックは無いなあ。

午前中はいい天気でテニスを楽しみました。ちょっと風は冷たかったけどね。こういう時、コートサイドにコーヒーメーカーを持ち込んでレギュラーコーヒーをふるまってくれるMさんの存在が有り難いです(笑)。Mさんがコートに現れるとたいてい何人かが「あ、コーヒーが来た」^^;)。

今日の出来は…

シングルハンドのバックはだいぶ自信を持ってトップスピンで打てるようになって、サーブレシーブや中間ポジションでのストロークはだいぶいい当たりがありましたが、ベースラインからのストロークを何本も大きくバックアウトさせてしまいました。気負い過ぎるのかなあ。

あと、強豪Tさんのペアと対戦した時のサーブが好調でした。逆にそれ以外では全然ファーストが入らなくって、結局1つしか勝てなかったけど^^;)。

その後寒くなって雨が降ったり、今夜から雪が降るという話も聞いたけれど、もう冬は終わりですね。。

新しい季節に向けて…午後はテニス疲れで時々居眠りしながら^^;)、法律の参考書を読んでいました。

2012年3月10日土曜日

オープンカー


何かちゃんと作るのが面倒だったんで^^;)、リモンチーニをソーダ割りで。

リモンチーニはちょっとクセのあるレモンのリキュールで、特に何のカクテルに使うというわけじゃなくて、面白そうだから買ってみたけど、なかなか減らない^^;)

こういうのはソーダとかトニックで割って気軽に飲めばいいんだよね。パッソアなんかも。

こうやって飲むと1杯目は全然酒っぽくないけど、2杯、3杯と飲んでると何となく酔って来ます。アルコールは25%だから普通の焼酎並みの強さはあるわけですね。

今日は土曜日だけど午前中仕事で、テニスには行けませんでした。あとで聞くと3人しか集まらなかったとのこと。3人ってのも珍しいな。シングルスしかできないじゃん。

テニスの花形はシングルスだけど、われわれ一般人にとってはダブルスが基本です。何年やってないかなぁ…シングルス。運動量が半端じゃなくなるから、たまにTV中継されるプロの試合の3時間だの5時間だのって人間技とは思えないですね。

午後はドトールでサンドイッチを食べてから福井駅前商店街の理容店「マエナミ」へ。

去年までは車で郊外のショッピングセンターにある大手チェーンの安い店に行っていたんだけど、電車通勤になってしばらくしてからここに通うようになりました。いわゆる昔ながらの「散髪屋さん」。

料金は2倍以上になるんだけど丁寧にやってくれるし、月一のことだから気分良く過ごせる方がいいか、という感じですね。チェーン店のほうも安いのは良かったんだけど数をこなさないといけないからか床がいつも髪の毛だらけで気分良くはないですね。

で、気がつくと車に乗るのはテニスに行く時くらいになってしまっているわけで、
それで今むしょうに欲しいのがオープンカー。コンバーティブルとかカブリオレと言うタイプの車です。

今までは通勤用に軽、その前は家族での遠出用に3000ccのワゴン、さらにその前はコンパクトカー…と、子どもの成長や仕事に合わせて車を選んで来たわけですが、もう子どもと一緒に出かけることも通勤も考える必要がないわけで。

ただね、キャンプは譲れないので、2シーターじゃなくて荷物もある程度積める4シーターを考えています。あのでかいテントを載せていけることが条件。

みるとルノー・メガーヌとかプジョー307CCとかはたまたサーブ9-3リニアとかなかなか魅力的な車があります。あ、もちろん中古車でOK^^;)。使用頻度が少ないから50,000kmくらい走ってても充分です。

オープンにするとトランク容量が減るからとりあえずクローズドでキャンプ用具を載せて出かけて、キャンプ場に着いて設営が済んだらオープンにしてその辺りをドライブ…って、楽しそう。

オープンカーって楽しそうなんだよね。唯一の問題はカヌーを乗っけられないことかな。

2012年3月9日金曜日

マルガリータ

マルガリータ
テキーラ 30ml、コアントロー 15ml、レモンジュース 15ml
シェイク
標準レシピでは塩でスノースタイルに

むしょうにマルガリータが飲みたくなって作ってみました。ただし塩抜き。

数日前部屋の片隅に積んである箱の中からひっぱり出したDPE店の袋から1990年に銀座や神田周辺で撮った写真が出てきました。

おもにビルにかかる懸垂幕やウィンドーディスプレイなど。改装前の松屋デパートの壁面には、時代を感じる「家長風月」とか「天然の仲」とか意味不明(笑)のキャッチが垂れ下がっています。

田舎からポッと出て来てデザイン会社に入れてもらったばかりの頃で、ある大手スポーツ用品店の広告を担当する事になって、資料として撮り集めた写真の一部です。

もう数年前に結婚していて子どももいたのに、怖いもの知らず?

いや、怖かったんです。駅でホームレスの人を見ると、ここでやって行けなかったら俺もあんなふうになるのかも知れない、と人ごととは思えず…

経験も何もなかったから自分なりに必死でした。失敗ばかりして来ましたが^^;)
その頃の気持ちを、この写真を見ていて思い出しました。

2012年3月8日木曜日

ハイボール

ハイボール(スコッチ・ソーダ)

アイスピックでグラスにちょうどいいサイズの氷を2, 3個作り、その氷を入れたグラスにウイスキーを注いで、ステアして酒を冷やしたところにソーダを注ぐ。最後に軽く一回ステアして出来上がり。

といった感じですか。…簡単なんですが、これをカッコ良くやろうとすると難しいんです。まずグラスにジャストフィットしている氷の隙間にバースプーンを差し込んでのステアがスムーズに行かない。

氷を割るところから最後の軽いステアまでの一連の動作を静かに、流れるようにやりたいんですが、ぶつかって「ガチャガチャ!」という感じになってしまうんですね。

グラスも、もう少し大きめの10オンスの方が良さそう。

2012年3月7日水曜日

卒業式

昨日は勤務先の専門学校の卒業式の日。午前中にAOSSAの県民ホールで卒業式、午後に場所をホテルフジタに移して立食パーティー形式の謝恩会が行われました。

毎年そうなんだけど、学生達と一緒に卒業したくなります(笑)。
今年は卒業式直前にCGデザイナーとして就職を決めた学生もいて、うれしかったですねえ。
謝恩会の花束贈呈コーナーで僕の担当するクラスの学生からもらった寄せ書き。いつの間に作っていたのか、びっくりです。ありがとう。

4時頃謝恩会が終わってもまだ勤務時間内なので学校にもどってしばらく仕事をしていたわけですが、今日は何となくちょっと飲みたくて、6時過ぎには職場を出て片町に向かいました。

ちょっと早過ぎて7時まで時間調整のために喫茶店に立ち寄ることになりましたが、先日初めて立ち寄ったバー「SOMEDAY」のドアを開け、


気温が高くて、学生達からもらった花束やプレゼントの袋をかかえたまま歩いていると汗ばむほどだったので、カウンターに着くなりスーズ・トニックを注文。

昨日も時間が早かったせいか客は僕一人だったのでマスターの中尾さんとずーっとしゃべりっぱなしでした。結局その後メーカーズマークと余市のストレートを追加して計3杯…しか飲んでないのに気がついたら10時過ぎで、3時間も経ってた。。

どっちかというと昨日は一人で静かに飲みたかったんだけど^^;)。逆に誰かと話をしたい時にはこの店、という感じでバーも使い分けなくっちゃ、というところかな。

で、昨日大事にかかえて持って帰ってきたプレゼントの袋に入っていたのがこの山崎。

僕が酒好きということで学生達が考えて選んでくれた一本というわけですね。それもシングルモルトを選んでくれるあたりがさすがだ。教育の成果かな^^;)。

甘みのあるやさしい味わいのウイスキーです。ありがとう。

こりゃあ、何年後になるかわからないけどリアルにバー・ボイシーを作らないといけないかなあなんて思ってしまいました。彼らと飲むためにね。

2012年3月5日月曜日

9時過ぎの食卓

夜9時頃帰宅して、用意された夕食。

9時を過ぎると1階のキッチンではなく2階の自室で食べるのでお盆に乗っているわけですが、あらためて見ると面白い組み合わせ^^;)。

オリーブオイルのかかったアボガドのサラダにブロックベーコンの入ったクリームスープ、でもって、刺身に酢の物にきんとん…。

どこの国だっていう感じですが、これが我が家の食卓なんです。

和食と言えば…技術の粋を極めた懐石料理でしょうか。でもそんなの一生食べる事はないだろうし、むしろこの、世界の食べ物が無節操に同居しているのが日本なんだよね。

今日は飲むつもりではなかったんだけど、刺身があるとやっぱり日本酒を出さないわけにはいかなくて、梵をグラスに注ぎました。

2012年3月4日日曜日

テニスシーズン


昨日に続いて今朝もいい天気でテニス日和でした。参加メンバーも一気に増えてテニスシーズン全開です。

久し振りに見えた造園会社をやっているHさんとのハードなウォーミングアップで疲れ果て^^;)ましたが、その後、Tさんとペアを組んだ試合の方は好調でなんと全勝でした。

彼女のスイングボレーには惚れます(笑)。パートナーがアグレッシブだとこっちも攻撃的になれていいね。僕の方もバックハンドがリターン、ストロークともに好調で、バックをシングルハンドに変えて以来最高の出来でした。やっとモノになって来たかなあ。

グリップがしっくり来る感じで、自信を持って振り切れるようになったんです。これが続きますように。

ところで、昨日は来ていなかった僕の天敵^^;)の40代男性、今日は僕より先に来てアップを始めていたんですが、ちょうど参加者が偶数だったのに、一試合終わった所でまた帰っちゃった。

その次の試合では僕のペアと当たることになっていたので、避けたのかな?

なんてね、余計なことを考えてしまったりするわけですが、まぁおかげでこちらも気分良くその後のプレーを楽しむ事が出来ました。

今日の試合の前、なんで彼がいるといつも嫌な気分になるんだろうと考えたんですよ。

で、彼がどんな無礼な態度をとっても自分の方はあいさつしたり声をかけたりと気を使って来たのをやめよう。そんなの全然僕らしくない。そんな余計な気遣いはしない!

…って思ってたので、実はちょっと拍子抜け^^;)だったんだけど、これからはその方針で行きます。

2012年3月3日土曜日

「とび田」と「SOMEDAY」

夕方近くに職場に寄って昨日少しだけやり残した仕事を片付けてから、今日はまだ行った事が無い店に行ってみようと一人で片町へ向かい、

ちょうど18時を過ぎたところで、そろそろ開いてるんじゃないかと思って行ってたんだけど、営業時間18:00〜のはずのバーが2軒続けてまだ開いてない。

で、バーじゃないけど、居酒屋「とび田」に入りました。この店自体は初めてというわけではなくて、カクテルの集まりで何回か来ています。和食の店ですが、ここのご主人がそのカクテル愛好家の集まり(というか、単なる酒好き^^;)…「24クラブ」の主要メンバーなんですね。一人で来るのは初めてです。

細長い店内には10人程が座れるカウンターと奥に10数人が入れそうな小上がりがあって、今日はカウンターの半分が予約で埋まっていてセッティングされていました。

カウンターに置いてあったPOPの「山田錦 杜氏鑑」という酒を頼みます。おすすめは「ぬる燗」とのこと。ふだん日本酒は冷やのままか冷酒なので、お店では燗もいいね。と、出て来たのが小さな3分砂時計と黒い陶器のぬる燗器(?)。



砂時計の砂が全部落ちたら飲み頃なんだそうで、この容器、この酒のPOPにも載っていたのでメーカー(白鶴)が酒と一緒に支給しているんでしょう。ゆっくり飲んでも冷めないから、これはこれで便利だね。

予約が入っているせいかその準備で忙しそうなご主人によると、前回の集まりの時に彼とある中心メンバーとの間でちょっとしたトラブルがあって、謝っても許してもらえず結局その人は今後会と一切関わりを持たないと宣言したんだとか。

あらためて状況を聞いても別に大した事だとは思えないし、その時同じ店の中で飲んでいた僕はその事態を全然覚えていなかったんでした。僕だけじゃなく誰も気にしていなかったと思うんだけど…いや、それがいけなかったのか。

人間関係っていうのは面白いね。

お造りでそのぬる燗を飲んで19時を過ぎた所で店を出ると、目の前のビルにこれも行ってみようと思っていたバーがある!

その「SOMEDAY」のドアを開けると客はまだだれもいなくて、バーテンダーの中尾さんがにこやかに迎えてくれました。途中で直角に曲がっている10席程のカウンターだけで、広すぎなくていいですね。

オーセンティックな雰囲気ですが、敷居が高い感じはありません。バックバーにはスコッチやバーボンに混じって余市や山崎といった日本のウイスキーも並んでいました。

おしぼりに続いて出たお通しは25cmくらいの細長い白い小鉢で、3つに仕切られていてそれぞれに柿ピーとチョコレートともう一つ何だか忘れた^^;)けど乾きもの系のつまみが入っています。



これはiPhoneに入っていたアプリのBrushesで指先で描いたスケッチ。

客が僕一人だったためバーテンダーさんと話しっぱなし。気さくな方で、最初に飲んだオールド・エズラのソーダ割りが空になっても話がとまりません。商売っけの無い人だな^^;)と感心ばかりもしていられず、

二杯目にマンハッタン、三杯目にラスティ・ネイルとウイスキー系でまとめて、名刺を頂いて21時過ぎに出てきました。

マンハッタンは僕の好みと少し違っていたけど、ラスティ・ネイルは美味しかったな。また行きたいお店です。

2012年3月2日金曜日

A Song For You

月末/月初の事務処理に加えて大きなイベントを間近に控えていろいろ忙しいこの頃なんですが、今日は19:00に無理やり(笑)仕事を切り上げて同僚Yさんと久し振りに歌の練習に行ってきました。

仕事のことで今日は「心が折れそうになった」という彼女ですが、愚痴大会には全然ならず、得意のカーペンターズのナンバーをメインに歌に集中。さすがです。それにしてもうまい。。

僕の方は久し振りなせいかどうも調子が狂って俺何が歌えたっけ?状態でしたが、とりあえずビートルズを中心に、Nowhere Man、Stand By Me、Ticket To Ride…、加えてUnchaind Melody他ポップス数曲、さらに悪ノリしてNessun Doruma。。

イタリア語なんてわからないよ(笑)。でもこれ思い切り声を出せて超気持ちいい。練習してみよう。

A Song For YouはYさんが歌ったカーペンターズ版をはじめいろんな人が歌っていますが、この曲はやはりオリジナルのレオン・ラッセルのイメージが強いですね。1970年、僕が洋楽に興味を持ちだした頃ですね。Music Lifeだっけ、雑誌に「最後のスーパースター」なんていうキャッチで宣伝されていたんでした。

せっかく二人いるんだからハモれるレパートリーも作ろうよ、という話もしつつ(問題は僕だな^^;)、例によって歌いっぱなしの2時間があっという間に終わりました。まだ当分はメンバー二人のボーカルクラブです。

Lyrics | Carpenters lyrics - A Song For You lyrics