2012年3月28日水曜日

ビトゥイン・ザ・シーツ

ビトゥイン・ザ・シーツ
ブランデー 20ml、ホワイトラム 20ml、コアントロー 20ml、レモンジュース 1tsp
シェイク

作られた経緯はわかりませんが、レシピ的にはサイドカーのバリエーション。美味しいに決まってます^^)。レモンジュースが減った分アルコールが増えて少々強くなっていますね。

カクテルにはレディキラー・カクテルというカテゴリー(?)があって、スクリュードライバーがその代表なんて言われてますが、要はアルコールを感じなくてつい飲んでしまう…というか、知らず知らずのうちに酔わせてしまう、というようなシロモノですね。

くだらねー^^;)。だいたい、そんな風に飲ませたら酒がかわいそう。

女性でも酒を酒として美味しいと言ってくれる人と飲むのは楽しくて、そんな人ならまた一緒に飲みたくなりますが、ただアルコールで酔っぱらうだけの飲み方なら、男でも女でもご免です。

ところでこのビトゥイン・ザ・シーツ、スピリッツの半分がラムになっていて、僕にとってはラムというとキューバやプエルトリコの情熱的な女性のイメージ…

で、このネーミングだから、どうしたってセクシーなカクテルってことになるわけですが、

アルコール分は強いんですが、こういう酒を美味しいと言って楽しんでくれる女性は素敵ですね。そういう人と一緒だとこういうネーミングも気の利いた話題になるわけです。そうじゃないとシャレにならない。

そういえばFourplayにこのカクテルと同じ名前の曲があって、横浜にいる妹が好きだと言っていました。彼女もそんな飲み方ができる大事な飲み友達の一人です。

0 件のコメント:

コメントを投稿