2012年5月1日火曜日

夕食のスプマンテ

イタリア産の手頃なスパークリングワイン、サンテロ・ピノ・シャルドネのコルク

ゴールデンウィークということで29日の朝に子どもが夜行バスで帰省しました。関越道でひどい事故があった日ですね。何の落ち度もなく全くの偶然で亡くなった人達のことを思うと言葉もありません。

こういう特に悲惨な事故がなくても一年で5,000人の命を奪う自動車というシステム、その危険性は原発の比ではないんだけれど、それでも我々はそれを使わないわけにはいかないので、人命が失われても普通の交通事故では特に問題にもなりません。

福岡の飲酒運転とか、先日の京都の暴走、この夜行バスのような、特に目立つ事故が起こるたびに、思い出したように議論が起こり何かが少し改善されるということがこれからも繰り返されるんでしょう。

自分がいかに注意していても事故に巻き込まれて命を失う危険がすぐそばにいつもあるんだということを、あらためて意識しないではいられません。

ところで無事帰ってくれた息子とビールやワインを買いに近くの酒屋に行きました。酒類はネットで買う事が多いんだけどね、このリカーワールド華には今年の卒業生が就職したので出来るだけここで買わないと^^)

で、買って来て夕食に開けたのがイタリアの「サンテロ・ピノ・シャルドネ」というスプマンテ(スパークリングワイン)。サンテロが銘柄で、ピノとシャルドネが葡萄の品種です。

これが1,380円。ネットだと1,000円くらいなんだけど^^;)、2、3日かかるし、これ1本頼むってわけには行かないからね。

白や赤もいいんだけど食事時には、特にこれからの季節、泡も好きなんです。産地によってクレマンとかカバとかスプマンテとかシャンパンとか呼び名が変わりますが、どれでも^^)。

もちろん何千円もするようなのはしょっ中飲んではいられないけど、フルボトルでこれくらいの気軽な値段のものがけっこうあって充分おいしいんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿