2012年6月25日月曜日

マシンガンで撃たれた壁面のような効果の作り方

MACHINEGUN

HDDの奥からひっぱり出した10年前のPhotoshop画像を開いてみたら作り方も記録してありました。えらい>自分^^;)

  1. 新規書類(背景:白)を作り新規レイヤーを作成
  2. レイヤーを黒で塗りつぶす
  3. 「フィルタ/ピクセレート/メゾティント/荒いドット」を適用
  4. 「イメージ/諧調の反転」を適用
  5. 白い部分を選択して削除
  6. レイヤー効果を以下の設定で適用
    1. 光彩(外側)
      • 描画モード:通常、不透明度:91%、色:#993300
    2. ベベルとエンボス
      • スタイル:ベベル(内側)、テクニック:滑らかに、深さ:121%、方向:上へ、サイズ:2px、ソフト:0px、角度:120°(包括光源を使用)、高度:30°
  7. 文字を黒、54ptでタイプしてラスタライズ
  8. 「フィルタ/ピクセレート/メゾティント/荒いドット」を適用
  9. 白い部分を選択して削除
  10. レイヤー効果を以下の設定で適用
    1. ドロップシャドウ
      • 不透明度:75%、角度:120°(包括光源を使用)、距離:3px、スプレッド:0%、サイズ:2px
    2. ベベルとエンボス
      • スタイル:ベベル(内側)、テクニック:滑らかに、深さ:121%、方向:上へ、サイズ:2px、ソフト:0px、角度:120°(包括光源を使用)、高度:30°
    3. グラデーションオーバーレイ
      • 描画モード:通常、不透明度:100%、グラデーション:紫,オレンジ、スタイル:線形(シェイプ内で作成)、角度:90°、比率:100%

0 件のコメント:

コメントを投稿