2012年9月17日月曜日

赤と黒

(Flash対応ブラウザでご覧ください)

上の空白部分をクリックすると描画が始まります。描画といっても単純にマウスの位置を基準にいろんな太さの赤と黒の線を十文字に引くだけ。線の太さは目まぐるしく勝手に変わり、もう一度クリックすると停止します。例によってちょっとタイムラグがあるので、気に入った図形が出来た瞬間にクリックしても変わってしまいますが(^^;)。


こんな単純な絵が面白いんですよね。でも例えばこれを油彩のような静止画でやろうとしたら配置に悩むだろうけど、 動画ならどの一瞬も途中経過であって「有り」なわけです。

実は昔Javaで作ったアプレットと同じようなものなんですが、ここからまたちょっといろいろバリエーションを作ってみたくなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿