2013年1月8日火曜日

久し振りにリアル書店で

久しぶりに職場に近い福井駅前の勝木書店で本を購入しました。
目に留まったタイトルをパラパラと立ち読みして面白そうだなと思った、
佐藤優「読書の技法」と、山本浩司「こんなにおもしろい 司法書士の仕事」の2冊。

本はほとんどアマゾンで買ってるんだけど、
急に啓発本の類を読みたくなって本屋に立ち寄ってみて何か新鮮(^^)。
こういう楽しさはやっぱりリアルの書店ならではだな。。



2013年1月3日木曜日

おしょりん

「おしょりん」っていう不思議な福井弁があって、どんな漢字を書くんだろうと前から思っていたんだけど結局わからずじまい。何だか古風で雅な雰囲気の文字じゃないかななんて期待したりしてるんだけどね。

この言葉を先日、年末に叔父さんの家であった餅つきの時に、久しぶりに聞きました。


昔話でね。

意味は、気温が低い日に積もった雪の表面がバリバリに凍結した状態のことで、積もった雪の上をもぐらずに歩けるから、道をはずれて普段は歩けない田んぼの中を通れて、小学校の頃は通学時のちょっとした楽しみだったんです。

庭木にかかったアルミホイールみたいなのは餅米を蒸すためのセイロ。この日は冬の福井には珍しい好天でした。

そのちょっと前にはクリスマス寒波とかで積雪もあったんだけど、降り方が局地的で、この辺ではほとんど積もらなかったんですね。

その後も雪はあまり降らなくて(雨はふってるけど)、楽な正月を迎えました。