2013年5月16日木曜日

懐かしい写真


今日コンピュータ内のデータを整理していて、ハッチンダール・キッシュ遠征の時の懐かしい写真を数点見つけました。

遠征から30年も経って、たくさんある紙焼き写真もさすがにかなり変色してるんですが、

たぶん2年くらい前にその色あせ写真の中から数枚をスキャンして、Photoshopを使って補正し、撮影当時の印象をよみがえらせてみたもの。すっかり忘れてました。

写っているのは全部自分です。当たり前だけど、若いな^^;)
これは標高5,000mくらいの岩壁を登ってるところかな。下がスキャンしたままの写真。色あせてますね〜。


ハッチンダール・キッシュの遠景(中央)、アプローチの氷河からの眺めです。上:補正後と下:補正前(以下同様)。



雪庇(せっぴ)に穴をあけて稜線に出た所。標高6000mくらいかな。



頂上直下の稜線上のトラバース…標高6,500mくらい。



このPhotoshop作業、自分でやってても劇的に写真がよみがえるのには感動します。今の時代に生きててよかった^^)。

当時は全部フィルムだったから仕方ないんだけど、 そもそも最初からデジタルだったらこんな色あせなんてことは無いんですよね。

でももしそうだったとしたら、データを入れるメディアもそれを読み取るドライブも数年で無くなっていくから、

そのデータが定期的に新しいメディアにコピーし直されて無事残ってたかというと、なんとも言えないなあ。アナログだから30年ほっといても残ってるわけで。デジタルデータって寿命は短いんです。

学校の卒業アルバムが紙の本じゃなくてCD-ROMだけになったりしたところもあるらしいけど、それ数年たったら見れなくなっちゃうんじゃないかな。

2013年5月14日火曜日

県立図書館行きのバスに

今日は定時の17:45とほぼ同時にタイムカードを押して職場を出ました。めったにないことだけど、少し離れたところにあるバス停まで(といっても5, 6分)歩いて18:00発の「フレンドリーバス」に乗らなくちゃいけないからね。

県立図書館でこの前借りた2冊の返却期限が明日なので、ちょっとオーバーして週末に車で行こうかと思ってたんだけど、近くからこの県立図書館行き無料バスが出ていることを知って、利用する事にしたんです。

福井県立図書館

普段の帰りは19時〜20時頃で…朝は7:30〜8:00に着くように出勤してるから、勤務時間は12時間くらい(もちろんサービス残業^^)になることが多いんだけど、今日はノー残業デーです。

福井市中心部にあるバス停から郊外にある図書館まで片道26, 7分。

本を読むと気持ち悪くなっちゃうので、iPhoneでNHK-FMを聞きながら外を眺めてました。 行きと帰りが別ルートで、ふだん自分では通らない道を走るので景色が新鮮!

18:30前に図書館についてまず借りていた2冊を返却。帰りのバスまで30分あるので、ふらふらと並んだ書架の方へ行ってみたら、ついまた5冊…

ま、いっか。また定期的にこうして来るのも生活パターンに変化ができて面白そうだし、本も買えるのはせいぜい月に10冊ってとこだから、 読める数を増やせるしね。

それに図書館で書架に並んだ本をあちこち実際に眺めながらだと、ネットでは選ぶ機会がないような本に出会えるのもポイントです。

2013年5月13日月曜日

バー・テスト

午前中仕事だったのでその帰りに、福井駅前、北の庄通りにあるE&Cギャラリーに、カレル・ファンリットフェルド展を観て来ました。

ここは福井大学の学生が運営している、コンテンポラリーアート中心のギャラリーで、この前同僚の個展があった場所。 今回は初の海外アーティストで、期間中作家はずっと福井に滞在していたとのこと。

白い壁一面に白木のシンプルなフレームで額装されたミクストメディアのコラージュ作品が並んでいます。それぞれ表題はついているのですが、造形にヒントを求めてもあまり意味はありません。

ただ具象的な断片はあって、所々に女性のドローイングが描かれています。ちょっと池田満寿夫さんの銅版画を連想しました。

表題にはpregnantという言葉も多用されていたので、この作家にとっても何か性的なイメージが重要なモチーフになっているのかもしれません。

が、それはさておき^^;)、全体に色使いがきれいで、バーの壁に小品を数点並べてもいいなぁと、空想していました。バー自体が空想なんですが(笑)。

2013年5月12日日曜日

走りたくなった


55歳からのフルマラソン (新潮新書)

こういう本は通勤時や昼食時の隙間時間に読もうと決めたばかりだったのに、届いた箱を開けて、どんな本なのかざっと見てみようとページをめくったら、つかまって一気に読んじゃいました。面白い!

銀行業界から作家に転身された著者がちょっとしたきっかけからランニングを始め、日本振興銀行事件などで死にそうな思いをしている間も走り続けるうちに、身の回りの様々な事がいい方向に変わって行ったというエッセイです。

ただ走ることの効用だけではなく、東京マラソンを景気回復に必要な「イノベーション」ととらえ、ランニングに景気回復のヒントを探るところがバリバリの経済人らしいですね。

この人の小説はまだ読んでいないんだけどきっと面白いだろうなと思います。業界内の人が書いた小説といえば安土敏さんの本も面白かった。伊丹監督の「スーパーの女」の原作。

10年前、今の仕事につく直前に勤めたWeb制作会社でスーパーマーケット・チェーンを担当したことからスーパー関係の雑誌や本を読んでいて、その安土さんの「小説スーパーマーケット」と出会ったんでした。

小説スーパーマーケット(上) (講談社文庫)
小説スーパーマーケット(下) (講談社文庫)

そう、ちょうど10年経つんです。 でもって今の年齢が55。あと10年で65。なかなか区切りがいいですね^^;)。

そもそも「55歳」でサーチしてみたら上記の本がヒットして来たんですが、僕は山現役の頃もランニングは好きじゃなくて、トレーニングのために必要だからいやいや走っているという感じでした。

だから山をやめた後もスポーツは続けて来たんだけど、ランニングなんて選択肢に入ってなかったんです。でも、

今は体力的にもまだまだ大丈夫だけど、このまま10年たったら…その時にはもう好きな事をやりたいと思ってもできないかもしれない。何かを変えるなら今じゃないかな。やれるかな。

なんて最近考えてたところで、この本を読んだら無性に走りたくなりました。

そういえば高校時代の同級生がたしか一昨年くらいから福井の運動公園の近くでランニングショップをやっているので、一度相談に行ってみよう。

2013年5月7日火曜日

時間の使い方をちょっとだけ変えてみた


むかしの味 (新潮文庫)

池波正太郎さんのことは有名な作家というくらいしか知らなくて、これまで読んだ事はなかったんだけど、つい最近週刊誌か新聞の書評欄に載っていたのを見て買った「むかしの味」というエッセイが面白くて、読み終わると同時に他の著作を7、8冊カートに放り込んでいました。

作家自身が長く親しんで来た店について述べた飾り気の無い文章がいいんですね。「流行りの店にちょっと行って食べてみました」というようなんじゃなくてさ。行きたくなるなあ…新富寿し、煉瓦亭、フルヤ、万惣、資生堂パーラー、、、

すぐ近くにいながら結局行ったことがない店ばかり。もう、俺は東京で何をやっていたんだ。文庫の初版が昭和63年だから、この作品が書かれてから優に四半世紀以上経っているわけで、「むかし」がさらに「むかし」になってしまっているんですが、

今でも行ける店には今度寄って見ようと心に決めました。それからフランスの田舎のホテル。自家製のパンやミルクは今でも美味しいのかな…こっちは、今の仕事をしてちゃ無理だな^^;)。

これを今日のお昼と電車の中で読んだんです。そういう時間にこれまでは、勉強用の参考書を読んだりしてたんだけど、細切れ過ぎてどうも効率的とは思えない。

そこでそっちは家で少しまとまった時間やって、外での10〜20分くらいの空き時間にはそれ以外の本を読むことにしたんです。小説とかエッセイとか、短時間でも勉強と違ってすぐ集中できるし(笑)。

2013年5月6日月曜日

科学系の読み物



時々科学系の本が読みたくなって、新聞や雑誌の書評で取り上げられているものの中から科学のジャンルを問わず面白そうな本を購入することがあります。このゴールデンウィークに読んだ本の中にもそういうのが3冊混じっていました。

主役はダーク 宇宙の究極の謎に迫る
ヒッグス粒子を追え
人間はどこまで動物か (新潮文庫)

小学生のころから古今の数学者の伝記みたいなものが好きで、そういえば上記3冊の前に読んだ科学系の本は「フェルマーの最終定理」という、ワイルズという数学者の物語だったので、三つ子の魂百まで…という感じ。だいぶ前だったので今調べてみたらもう文庫になっていました。

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

とはいえ、その証明に使われる様々な数学はもちろん、量子力学、相対性理論といったあまりに有名な理論すらとうてい理解出来無いんですが、

信じられない頭脳の持ち主たちが苦労して自然の核心に迫って行く様子に感動するのと、そうして自然が数学という言葉で描き表されることに究極の美しさを感じてしまうんです。

僕自身が残念ながらそういう素養を全く持ち合わせていないので、本が教えてくれる天才達の存在に無邪気に感動していられるのかも知れないけど、ほんとうに人間ってすごい。