2014年12月21日日曜日

ひさしぶりの峠越え竹田30km走

ここしばらく雪で、たいした積雪量じゃなくても路面に雪があると外を走れなくて、ジムへ行ってたんだけど、起きて外をみたら路面の雪は全くなくなっていたので、ひさしぶりに竹田まで往復31kmの峠越えコースを走ってみました。

ジムならTシャツ短パンの軽装でいいんだけど、この時期の外は服装も考えなきゃね…下半身はランナーズのソックス、CW-Xのインナーパンツに、ミズノのロングタイツ、上半身は汗冷えを防ぐためにファイントラックのフラッドラッシュノースリーブ、その上に保温用にランナーズのレーシングフォームメイクシャツ長袖、で一番上に防風用にランナーズのハーフジップショートスリーブ…はは、カタカナばっかりでものものしい。

でも雨対策はダイソーのポケットレインコート100円^^)

練習で距離が20km, 30kmと長くなると、雨具と、補給食のジェル、アミノ酸等のサプリ、それに給水用のボトルも携行する必要があるわけで、これを収納できるボトルポーチをずっと探していたんだけど、ネットで見てもイマイチなものばかりで…ほとんどがボトル以外の物を入れる収納部が小さすぎるんだね。リュックのタイプも大げさだし。

でも先日スポーツデポでミズノのポーチを見つけて、今日初めて使ってみたら、これがちょうど良かった。中央に500ml ペットボトル、左右のポケットにサプリ類、iPhone、雨具が余裕で収まります。


5km地点の給水ポイント。ここの自販機でポカリの500mlボトルを購入します。ここに限らずこのコースにはあちこちに自販機やコンビニがあるのでいざという時は心強い。


山越えの最高点に近くなったトンネルの入り口。道はずっとこんな感じで、アスファルト部分の端っこを走り続けました。そんなに車は多くないからね。


峠を越えて竹田へ下る坂道。画面上部の矢印は積雪が多い時に道路の端を示す目印(だと思う^^;)、やっぱり道路脇の雪は下より多い。


いつもはこのコースのゴール、じゃなくて中間折り返し点になるのが油揚げで有名な竹田の谷口屋さん(下の写真)だけど今日は、最近家を新築した、この近くに住んでいる元同僚の家まで足を伸ばしたのでプラス1km。


その家、お父さんが製材業ということで合板や集成材じゃなく、ヒノキ、イチョウ、松、杉、桐、ケヤキ、クサマキ…をふんだんに使った家。外装からヒノキだもんねー、家の中もあちこちにカウンター板だったら高そうだなーという立派な板が使われてて、

普通新築の家っていうと設備や収納やらを自慢するもんだと思うけど、そんなのそっちのけで、「ここはヒノキ」「これはイチョウ」「ここが杉」「ここは…」って、使われてる木を教えてくれました^^)。ほとんど自然木だから香りがいいし、新建材の刺激臭なんて無くて、いいね。

しばらくおじゃましていたら足が冷えて、帰りの走り始めは足裏の感覚が、薄い底のシューズをはいているのに分厚い木の下駄でもはいているような感じでまいったー

でも雪はだめだけど、雨でもけっこう走れるもんだね。

2014年8月1日金曜日

長野の高原でマラソン・アンド・オープンカーキャンピング

やぶはら高原こだまの森の芝生広場に設置されたゴールゲート。
すぐ隣にスタート地点がある。

もう十日以上経ってしまったけど、7月20日の日曜日に長野の木曽郡で行われた「第28回やぶはら高原ハーフマラソン大会」に参加してきました。定員2,000名と小規模で、運営にも手作り感の感じられる大会です。

奥木曽湖という標高1,130mのダム湖をぐるりと一周するコースで、都市型マラソンと違って自然の中を走る感じがいいんですが…

公式サイトの記述から標高差165mのアップダウンのあるコースということはわかっていたんだけど、実際に走るとこれがムチャクチャしんどい^^;)

…まずレース開始早々数キロ続く上り坂で心が折れそうに。 で、まぁここは何とか乗り切ったもののゴール直前の上り坂でたまらず何十メートルか歩いちゃいました。

で、記録は2時間8分38秒(ネットタイム)、ハーフ男子50歳代の部177位。でももうタイムどころじゃ無いですね、よく完走できたと思います。

後半、給水所の直前でウェストポーチからサプリか補給食を出そうとしているところ。
ここは平坦なので普通に走れてる。いい天気で暑さもあって実はだいぶ参ってるけど。

フリーテントサイトに建てた年代物のロッジ型テント「デイラ」。
4人乗りオープンカーにはこんな大きなテントも余裕で収まる。

このあたりは福井から車で5時間くらいかかるんだけど、今回は適当なホテルが見つからなかった事もあり、月曜が祝日なので19日(土)〜21日(月)の2泊3日でキャンプすることにしました。

お世話になったのはキャンピングフィールド木曽古道という、けっこう大きなキャンプ場で、株式会社まちづくり木曽福島という第3セクターの運営で料金が安いのも魅力です。

夏休みに入った連休ということで混雑が心配だったんだけど、僕がテントを設営したフリーテントサイトの客は3〜4組で、全然問題なく静かにゆったり過ごすことができました。どっちかというとコテージに泊まる人の方が多いみたい。

昼は野鳥の声がよく聞こえて、夜はビールやワインを飲みながらテントの外に吊るしたガソリンランタンの暖かい光をぼーっと見ていると気持が落ち着きます。

心配していた天気にも、初日途中の高速道路ですごい雷雨にあっただけで、キャンプ場に着いてからはずっと恵まれました。ここは標高も1,000mくらいあって朝夕はとても涼しかったですね。雨が降っても夜だけで行動には影響なし。ラッキー!

今回は初めてのオープンカー・キャンピングでした。もともと去年この車を買う時からキャンプに行く事を前提に、トランクが大きくて後部座席にも荷物を積めるってことで選んだので、やっと実現したわけです。(キャンピングカー

考えていた通りトランクにフレームと合わせて50kgくらいになる大きなテントとテーブルセット、後部座席にはその他の道具類や折りたたみ椅子がきっちり収まってくれました。

まぁ運搬にしても設営にしても今どきの軽量なテントにすればもっと楽になるんだけど、山で軽量化に腐心してきた反動か、このごっついロッジ型テントが気に入ってるんです。

で、これを設営して基地を作ったら車の幌を開いて身軽に動き回る…っていうのをやりたかったわけですが、今回まさにその通りになって、御嶽山のふもとの開田高原まで気持のいいオープンドライブを楽しむことができました。

あちこちに温泉があるのもいいし、また行きたいですねー。ただ「やぶはら高原ハーフマラソン」にまた出るかどうかは未定^^;)…坂道の練習を積まないと。。

2014年3月3日月曜日

静岡マラソン完走!

初めてのフルマラソン「2014静岡マラソン」を完走することができました^^)。ネットタイム(スタートラインからゴールラインまでの実測値)4時間15分13秒、男子総合順位4539位、一般男子50歳代で721位。

さすが定員12,000人という大きな大会だけあって、まず驚いたのが朝静岡市内の会場に向かう為に焼津駅6:30発のJRに乗ろうとしたらホームに入って来た電車がすでにランナーでほぼ満員だったこと。

そこにギュウギュウ押し込むように焼津からまた大勢が乗り込んだので、昔千葉から都心への通勤に使っていた東西線以来久々のすし詰め体験でした。焼津に泊まったのは、去年エントリーした段階でもう静岡市内にホテルの空き部屋がなかったからですが、この人数を見ると部屋も無くなるよな〜と実感します。

僕が泊まった『ホテルnanvan焼津』にも何組ものランナーが泊まっていて、焼津駅までランナー用のバスを出してくれました。

ゴールでもらった完走賞、完走メダルと大判のスポーツタオル。途中やんでいた雨がまた降り出していて寒かったので、着替えるまでこのタオルが有り難かった。

スタートブロックに並ぶ前、手荷物を預ける準備をしている参加者達。並んでからスタートまでの30分余りが長かったんだけど、僕は昨夜ホテルの隣のコンビニで買った足首近くまであるビニールコートのおかげであまり寒い思いをせずにすんだ。

ゴール地点の清水駅前、スタート前に預けた手荷物の受取所。駅も静岡方面への電車もすごい混雑だった。晴れていれば、その辺で食事でもしてから駅に…っていう気にもなったんだろうけど。

今回、初めてのフルマラソンでスタートからゴールまで全くエネルギー不足を感じる事無く走りきる事ができ、またスタート〜20kmが2時間15分29秒、20km〜ゴールが1時間59分44秒と、まあまあ作戦通り後半でスピードアップできたのは、上出来かなと思います。

特にエネルギーについては、岩本さんの本のアドバイスの通り朝食後からスタート直前まで、個包装のままゆでてやわらかくしておいた切り餅を食べ続けたのが効いてると感じました(計7個)。ほとんど満腹のままゴールまで走っちゃった^^:)。

今日は雨で寒かったけど、コースのほとんどすべてに応援してくれる人達がいて、励まされました。ありがとうございました。

2014年3月1日土曜日

初フルマラソンの準備

いやー、むかし山へ行く前日に装備を並べてチェックしていたのと同じ感じですね。
小さな物、例えスプーン一個でも忘れると大変だから、いつも緊張してた。

ちなみにこのスプーン…っていうのは食べる時だけじゃなくて、万一雪崩に埋まった時に雪をかく道具になるんだと山岳部の先輩から言われて、雪山では身につけてました。


自分が山で行動している様子を想像しながら、それに必要な物がすべて目の前に用意されているか…とやっていたわけですが、今回はレースの朝起床してからゴールまでをシミュレーションです。

テーピングしたらアンダーショーツ、タイツ、ランパン、アンダーシャツ、ランシャツを着て、ゼッケンを付けて、ソックスをはいて、シューズをはいて、GPSウォッチとグローブ、帽子とサングラスを着用…移動用にウインドブレーカー上下も必要だな。

今夜と当日の朝の水分補給用に経口補水液、それと一緒に飲むアミノ酸、
朝食後からレース直前まで糖質を補給するためのお餅とジェル、
レース中に摂るためのアミノ酸/クエン酸(10km, 20km, 30km, 40km地点)、糖質ジェル(15km, 25km, 35km, 40km地点)、電解質サプリ(給水のたびに)
…「非常識マラソンマネジメント」準拠(^^;)



あと日焼け止めを入れて、雨も予想されるからコンビニでビニールのレインコートを買わなくちゃ。

42.195kmという距離を走るのは初めてなので不安で一杯なんだけど、ともかく去年から1,000km以上走って来て、ここ2ヶ月は月間走行距離170km、2回の峠越えを含んで30km走も3回できたし、10日前の15kmビルドアップ走ではサブフォーレベルのタイムで走れた…今できる最低限の事はやって来たな。

目標ペース配分は
0〜10kmを5'54"〜6'00"/km、
10〜20kmを5'36"〜5'48"/km、
20〜40kmを5'24"〜5'36"/km

あとは幸運を祈るだけ^^;)。


2014年1月2日木曜日

マラソンはじめました。

明けましておめでとうございます。
良い一年でありますように。

しばらく前に素焼きしてあった器に馬っぽい鉄絵を描いてみました。直径120mm、高さ230mmの筒型の花入です。意識したわけでは無いですが、一面に蹄の跡が散らばって、マラソンのスタート時みたいですね(笑)。

去年5月にはじめた朝のランニングがまだ続いていて、10kmなら普通に走れるようになったので、昨日の元旦はじめて30kmのロング走をやってみました。

タイム3時間2分45秒、平均ラップが6'05"/kmとまあまあだったんだけど、最後の方は脚がこわばったみたいに動かなくてまいりました。前半雨に降られて冷えたせいもあるのかな、油断するとラップも7分まで落ちちゃうありさま。

しかも昨年20km走った時は筋肉痛もその日だけだったのに、今回は二日目の今日もまだかなり引きずってて、午後になってやっと痛みをこらえながらですが普通に歩けるようになりました。

距離が伸びると脚が動かなくなるんですね。これくらいの遅いペースだと呼吸は何ともないんですが。ふだんは10kmをハァハァ言いながらもう少し速いペースで走っているんだけど、それだけじゃ長い距離は走れないんだってことみたいです。

スピードを上げるのとは別に、時々ゆっくりでも長い距離を走って、長時間走り続けられる脚を作っておくことが必要なんだなと感じました。

ただ何とか昨日30kmを走りきれたことで、3月の静岡マラソンも完走できそうな気がしてきました。とりあえず初フル完走を目指して、何回か30km以上のロング走をやって脚の力をつけようと思います。